« バクダン抱えたジェット機がアブナい角度で飛んで行く | トップページ | 酒にうれしい缶詰 »

2007年6月 4日 (月)

オレはアニキの代わりにはなれない

Ngg309_1 なんとなく

ただ直立不動で殴られる一方のヴィラルって                          そっち方面の好きなヒト(主に腐女子?)のハートわしづかみ?              道を踏み外すギャルが多そうです

今日のグレンラガン

「いない人」のことを言われてもわからない

その事に愕然とするシモンとどうしようもないヨーコ                                  「そのこと」がグレンラガンのテーマだったのか

しかし                                                            にあたんって思ってたより「理知的」で「芯の強い」キャラだったんですね                     せいぜいザブングルのエルチ程度の役回りかと思ってた

こりゃ「ジェイデッカー」のレジーナ                                             「ジェッターズ」のミスティ以来の「きゃら萌え」じゃなく「惚れる」キャラになりそう

そして                                                              「オレはアニキの代わりにはなれない」と嘆く…つか放心するシモン

にあたんはそんな事望んじゃいないのに                                                だってアニキの事知らないから

「新キャラ登場」って事と「その意味」を上手く使ってるな

グレンラガンって「荒唐無稽」系かとも思ってた時期がありましたが                              こりゃあ…「化ける」かもしれない

やっぱ「ジェッターズ」思い出すな                                           あれも「マイティが死んでもう居ない」事を1年かけてシロボンが理解する                       そういうお話だったから

だとすると…

いや…俺の「腐女史的妄想」

ジェッターズにゃ「ゼロ」が居たでしょ…?

だからアニキも…

いやこれは単なる妄想

妄想だよ

明日冷静になってもう一回見返そう

|

« バクダン抱えたジェット機がアブナい角度で飛んで行く | トップページ | 酒にうれしい缶詰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164476/6659205

この記事へのトラックバック一覧です: オレはアニキの代わりにはなれない:

« バクダン抱えたジェット機がアブナい角度で飛んで行く | トップページ | 酒にうれしい缶詰 »