« 私は明日へ向かいます | トップページ | 頭皮に悪い »

2007年7月 3日 (火)

負けるのが怖い

Ngg359 光の演出が冴えていた「風林火山」

ダークサイドなお話でしたね                                     冷酷さの際立ってきた晴信                                        武田家中での信濃衆の立場

相木の裏切りか…?と思いきや謀略の謀略(二重スパイ)

いや相木様いい役者さんだな。味がある。あと相変わらず真田様ステキ

間者として送り込まれてきた平蔵を軽~くあしらい

それでも「あいつは村上の間者だ…切るか」という相木様に                          「今切っては却って怪しまれる」と…さりげなく助けちゃう

そしてまぁなにより小山田だ                                             水を得た魚とばかりに力攻めで笠原氏の城を落として                          笠原氏の寡婦を我が物とし

勘助に                                                          「主が諏訪でした事と同じであろう…?」と

何も言えない勘助(勘助は以前雲の口城で彼女とかかわりがあった)

あぁ本当にかっこいい

こんなに大河ドラマにハマれたの久しぶり…つか始めてかも知れん

|

« 私は明日へ向かいます | トップページ | 頭皮に悪い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164476/7010383

この記事へのトラックバック一覧です: 負けるのが怖い:

« 私は明日へ向かいます | トップページ | 頭皮に悪い »