« 生まれてくれてありがとう | トップページ | ユー、やっちゃいなよ~ »

2007年8月 2日 (木)

『ぶらっくあんどほわいと』なのですー

Ngg386 というわけで「リトルバスターズ!」

葉留佳、クドリャフカ、クリア                               なんとなくわかってきた

以下反転しておきます。「ネタバレ」警報とその他諸々により

はるちん                                                              いやまぁ「重い」シナリオだよなぁ。本当「ひぐらし」思い出した                           でもシナリオの出来は「佳良」まずまず                                         それなりに盛り上がったし「双子」のキャラの使い方も○                           なんにしてもやっぱ「すずきけいこ」さんでした。凄いな                           葉留佳の「マネ」してるけどびみょうに違っててテンションやや低い                        佳奈多の演技とかホント七色の演技ですよ                                  でももしかしたら「すずきけいこ」さんのおかげでアラが目立たなかった(俺に)              だけかもしれん…                                                      やっぱ今回麻枝先生「センターライン」のシナリオだけだから…                          「ヒロイン分岐」した後と「その前」のホンのクオリティの違いが                             ハッキリ判りすぎるのはツライものです

クド公                                                             …いやぁ                                                              やっぱこれは「超脚本」…でしょう…                                         いや「奇跡」「不思議現象」はいいんだ…別に。それ自体は納得できた                  ただ「クド」が置かれた環境の激変について行けん                                そもそも「国策の性急な宇宙開発」その「失敗」                                  それがなんでイキナリ「反政府暴動」に繋がるか?そして怪しげなカルトに?                    いや「そういう展開」に文句を言ってるわけではないのです                              「それ」が伝わってこない                                                    戸惑ってる「リキ」が「観ているこちら側」から描写されてるキャラなんじゃなくて                      リキと一緒にこっちも戸惑ってて                                                突然理樹自身が「状況納得」しやがったもので…こちらが放り出された                           …いや「この件」は僕の読解力不足の可能性もあるので                              もう一回読み直してみたいんですが                                           あと「せっぱつまった」状況のはずなのに最低3日は出発しないのも                             スピード感っつか「危機感」がそがれる                                             諸々の「準備」が必要なのは当然なのだから実際そんなモンなのだろうけど                 だったら「あせり」の描写とかも欲しかった                                       あー…あと                                                                   リキとクー公の「ふたりの描写」って。展開が「エロゲー(18禁)」展開だな                       むしろ「やっちゃって」くれてた方が自然な展開                                         「輝く季節へ」の里村シナリオ(「ONE」のセックスシーンを改変した)みたい                「クド」には発売前から大期待だっただけに…残念                                   でも「姉御」に回されるクドとか「はるぴー」と弁当喰ってる(乾燥昆布)クドとか                 「わふー」とかモノスゲエカワイイかったのでその点で救われました                       「杏」みたく「その本人シナリオ以外の部分」で味わうキャラでした                             あ…でもネット徘徊してて見かけた(見掛けてしまった)んですけど                           クドって「別のエンディング」有るんですかね?

…とまぁこんなカンジです今の所

かなりのめり込んでます今                                       

|

« 生まれてくれてありがとう | トップページ | ユー、やっちゃいなよ~ »

コメント

野球については、1回勝てました。
1-0。こちらも真人のランニングホームランですがw
クリアして頭からやると、データの引継ぎが行われるみたいです。
あとは運、なのかな? ちょっとわからんですが(先ほど大敗し
ましたので。orz)

投稿: 如月慎一 | 2007年8月 2日 (木) 08時39分

そうですか
「祭り」は起こらんようですな

それはそうと今日終わらせた「小毬」良かったですよ

投稿: ハリー多縞 | 2007年8月 3日 (金) 03時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164476/7378725

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぶらっくあんどほわいと』なのですー:

« 生まれてくれてありがとう | トップページ | ユー、やっちゃいなよ~ »