« ヴぁいぱーぜろとかなんとか | トップページ | 彼女が星になった日 »

2007年11月 2日 (金)

空飛ぶヒトデ…ありですっ

Ngg461 今日は全体的に作画が蝶美麗だったなぁ。スゴイ

今日のクラナド

1~2話の「展開詰め込み」と違って「ネタ詰め込み」                           隙無く楽しめた30分。終始ニヤニヤしっぱなし

公子さんの前でドギマギする渚。キラキラしてる渚

かわいいなぁ                                                        その後の公園での朋也とのシーンが…絵的にすごくきれい                            オレマンガで「渚と朋也」の関係成立させるために随分描いたけど                             京アニクオリティであのシーンだけで納得させられた。チクショウめ

あと「眠そうな目のゆきねえ」                                                やっぱ本来のキャラデザはああだよな

早苗さんの問いかけに猛烈なスピードでうなずく風子。コレだよな

…だんだんと散文調になっていくな

教師役の早苗さんの腰のラインが本日の抜きどころ

おう「三井さん」か。ビジュアルなかったもんなぁ。これはいい                            この調子で「仁科さん」も出して欲しい

でも…やっぱ本日の最大ヒットは…                                          「幸村のジジイ」!やたっ!出たっ                                           やっぱ「クラナドの味」を代表するキャラの一人だからなぁ                                といっても「あそこだけ」の可能性もまだ有るけれど…

といったわけでなんとなく「調子出てきた」ような気がするTVクラナド                          …なんだけどやっぱ「惜しい」気がするのは                                          これ「原作」やってる人にはとてつもなく素晴らしい出来なんだけど                          アニメで初見の人には伝わらない部分が多い

今回の「公園のシーン」とか前回の「ことみ横移動」とか                                     実際にシナリオでは書き表されていない「シナリオの行間」の部分                             そのこ部分が素晴らしいアニメなんだなこれ

とはいえコレは「贅沢」な言い分だ                                          原作先にやってた人が得をしていると考えよう                                       しかもまだまだ全然序盤だし。まだ遅くない

この文章読んでもらっていて「クラナド」まだやってなくて「TVクラナド」見てる方は                           まだ遅くないのでゲームの方やってください                                         楽しめ方が全然違います

|

« ヴぁいぱーぜろとかなんとか | トップページ | 彼女が星になった日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164476/8720436

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶヒトデ…ありですっ:

« ヴぁいぱーぜろとかなんとか | トップページ | 彼女が星になった日 »