« 引き金くらい感情で引け | トップページ | すぽぉつはアナボ »

2007年12月17日 (月)

兵共が夢の後

Ngg503 風林火山最終回

1年間楽しませてもらいました                                     いや…まぁここしばらくの回は

勘助の「死亡フラグ」の立て方があからさますぎてちょっと…だったのですが                          終わりよければ全てよし。だな

ラストが「勘助の心の中の花が見える…だからうら勘助の事怖くないずら」で終わったのは                とてもすてき

基本的に「山本勘助」という(実在はしたけど)ほぼ後世の講談物で創り上げられた人物             その人のお話だったから「大人の御伽噺」でしたね                                   相木市兵衛大活躍とか

でもなー。多少史実も欲しかったな。武田信繁と真田幸隆のからみあたりで                        真田幸隆は信繁を敬愛していてその死を悼んで孫に「信繁」の名を与えて…

その真田信繁が後のいわゆる「真田幸村」だからねー

ところで最後に平蔵って生き残れたと思います?

|

« 引き金くらい感情で引け | トップページ | すぽぉつはアナボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164476/9436684

この記事へのトラックバック一覧です: 兵共が夢の後:

« 引き金くらい感情で引け | トップページ | すぽぉつはアナボ »