« 鏡を見たら俺のカオだった | トップページ | 武器はバイオリンだ »

2007年12月13日 (木)

戦いってなぁ「ノリ」のいい方が勝つんだよ!

Ngg492 いまさらなんですけどこないだの電王

終盤盛り上がってます

「俺は消えるとかそんな事よりカッコ良く戦えりゃいいんだよッ!」

っとモモ素敵

悩む良太郎

ハナから良太郎に救われた命だから悩む事の無いキンタロ

一番キライ(恋敵だから)な侑斗から声をかけられるリュウタ

それぞれキャラ立ってるよなぁ                                                    こういう時「ウラ」は…不利だw                                             だってヤツの行動原理は「消えたくない」だから(あとオンナノコの遊んでたい)

でもヤツが一番キライなのは「理不尽」                                         だから「いいんです」

ムチャクチャカッコ悪いハズのライナーフォームがムチャクチャかっこよかったです                      やっぱ「デザイン」云々なんかより「お話の中」でカッコよくなるのが最高                          「ファイヤージェイデッカー」と同じ原理です                                    (アレのデザインはアニメ史上まれに見るカッコ悪さだからなぁ)

「過去」をどうする…とか                                                 「これから起こる事」がどうこうとかじゃなく                                     「今」を守りたい

小林靖子さんの「世界」「時間」へのアプローチ                                   「タイムレンジャー」である程度完成を見たかな…と思ってましたが                           また「新しい形」見せてもらえそうです

そして次回「おねえちゃん」                                                    俺が今「もしかしたら…」って思ってる事

もしかして「良太郎の欠け落ちている記憶」の部分

もしかして桜井侑斗は「時間を守る」事をしているんじゃなくて                           「時間を変える」事を目指してるんじゃないかな?

次回も注目

|

« 鏡を見たら俺のカオだった | トップページ | 武器はバイオリンだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164476/9378661

この記事へのトラックバック一覧です: 戦いってなぁ「ノリ」のいい方が勝つんだよ!:

« 鏡を見たら俺のカオだった | トップページ | 武器はバイオリンだ »