« 買出し | トップページ | 刮目させてもらおう、ガンダム »

2008年1月 5日 (土)

…僕には重過ぎる…

Ngg521 この歳の倍以上の記憶も。ゼオライマーも

というわけで「ゼオライマー完全版」

やっぱアレは80年代のロボットマンガ語る上では欠かせないね                            連載当時を思い出しつつ(いや旧版の単行本も持ってるんですが)                  楽しく読んでいて…

こないだ「リュウ」に載ってた部分

…えーと

これ高屋良樹(もといちみもりお)さん描いてないでしょ?

まぁそれはいい「高屋良樹」名じゃないし                                             でも…なんか                                                            判りやすく言うと「コミックボンボンのアニメタイアップマンガ」みたい(好きな方…ごめん)                 「こなさなければならない設定」がまず有って「ソレのとおり描いただけ」みたいな

テンポが悪い…つか「平板」なんですよ

「ちみもりお」さんって「そういう事」はしっかりこなせる人だから(ていうか実力派だから)                     あまた居た「レモンピープル作家陣」の中でも光ってて(あと千之ナイフさん)                       だからこそ「ガイバー」でブレイクしたんだから…「旧版」20年以上前の作品なのに                            そっちパートより劣化してる…orz

まぁとはいえ「隠されていた謎」も全部明らかになったし話も終わってるし(一応)                 総統が「入れ替わっていた」のは…なるほど                                        でも「総統死ぬと爆弾」が…?アルェー?ってな部分も有った

とはいえ既に絶版になっている旧「あまとりあ社」の部分も丸々の掲載だから                            それだけでも価値は充分。お勧めの一冊です

それにしても俺の持ってるヤツと比べて美久の「尻穴」とか「お○んこ」への                           修正がキツいよなぁ。あと「美久ちゃん14歳」の設定は大丈夫なん?                           ガチ交尾してますけど…あ「再生体」だからいいのか

あとしょっぱなのマニヤな級友が「Gクラスロボ」語るときの雑誌の表紙が                       「バトルフィーバーロボ」と「レッドバロン」なのは…時代だな                                その当時のリアルタイムロボは「ゴーグルロボ」でしたが

というわけで                                                          リトバス本下描き終わりました

|

« 買出し | トップページ | 刮目させてもらおう、ガンダム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164476/9723736

この記事へのトラックバック一覧です: …僕には重過ぎる…:

« 買出し | トップページ | 刮目させてもらおう、ガンダム »