« でもしょうがない | トップページ | 人間はみな音楽 »

2008年3月 7日 (金)

お前にレインボー

Ngg573 ようやっと出たか「レインボー」

でもこのセリフ「つぶやく」のがいいんだよなぁ…残念

というわけで今日のクラナド                                           しあわせな描写な回。いやほんとしあわせ                                  原作のあのシーンの秋生と朋也のボケツッコミ漫才                            ものすごいトリップ感で大爆笑だたよ。それに比べると勢いに欠けてたが

あのシーンが「どういう描写」だったのかが改めてよく表現されてた                              でも若い頃の早苗さんの髪型には違和感w                                    ていうかもう「長森」でいいじゃん若い頃は

あと風子の「スリラーダンス」な。「まんま」でナイス

それにしてもつまびらかになる「幻想世界」

あぁやっぱ「先」にアニメでやられるか(当たり前だ)                                     俺も早く描きたいですよ「Love~」で「幻想世界」を                                  (ライム・ライトでちょびっと描いたけど)

当然(?)原作・アニメと解釈が違います                                                 「なにもない」幻想世界になぜ「オンナノコ」が存在するのか?

なぜ「ガラクタ」に意志が吹き込まれなければならなかったのか?

そこらへんが大事だと思ってます

タイトルリスト中の24冊目「クローサー・トウ・ザ・ハート」                                    幻想世界のお話です

あと10冊か…

|

« でもしょうがない | トップページ | 人間はみな音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164476/11032960

この記事へのトラックバック一覧です: お前にレインボー:

« でもしょうがない | トップページ | 人間はみな音楽 »