« クラナド総括① | トップページ | クラナド総括③ »

2008年3月31日 (月)

クラナド総括②

Ngg586 はい。その②です                                             「クラナド」みたいな萌えアニメについて

ってしょっぱなから昨日と矛盾してますが…

結論から先に言うと「TV版クラナド」                                        は…やっぱ所詮「萌えアニメ」にすぎませんでした

良く出来てはいるけど、ぶっちゃけ「原作」が無かったら僕は途中で挫折してたと思います             「ハルヒ」みたく

具体的に言うといわゆる「クラナド」が「クラナド」であった部分の大半が                                尺の都合でバッサリカットされてます。肝心な所なのに                                   (あ…ちなみにあくまで『俺基準』ですが)

芳野とかほっとんど出番無かった。学園編での朋也・春原との交流(&芽衣との)                     が無いとなんか後半に対して説得力がありません。まさか全部カット…?

あと春原も…なんか「ただのアホウな友人」な扱いで終わっちゃってますよ?                     ヤツはアフターはほぼ出番なしだから…このままか                                       春原シナリオの朋也と二人で笑いあうカット…クラナドで一番好きなカットなんだがなぁ

あと宮沢有紀寧。ヤツのTV版での存在理由は何だったんだ?                              あ…あの「体育館倉庫」のシーンへの導入役か。あの時の杏は神がかってた                          いやでも…

上記の3キャラのシナリオって…ものすごくストレートに「家族」についてのテーマなんですよ                  (芳野はアフターで…だけど)それを完全オミット…

いや「尺」の問題かも…だけど                                                詰め込みようは間違い無くあった。特にあそこまで「風子」に時間掛けなければ

いや風子大好きだから嬉かったんだけど                                          「クラナド」という物語全体のことを考えたら…その点が

あと「余ったキャラ」の使い方が(いや『余った』なんて畏れ多いんだけど)

ことみが後半「単にヘンなおんなのこ」になっちゃってた事と                                 智代のあまりの『空気』っぷりが…とても哀しい

いやどれもこれも単に俺の「贅沢」か

少なくとも「アフター」やってくれるという事実で殆どが救われる                              そういった意味「至らず」とはいえ傑作でしたよ「TV版クラナド」

ただ…

「TV第一期」みたく「萌え話」だったら…俺ここまで入れ込んでないですクラナドに                      そこんところは誤解無き様

だからまだクラナドやってない人に「TV版」は薦めません

土下座して頼むから原作ゲーム版やってください

|

« クラナド総括① | トップページ | クラナド総括③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164476/11994365

この記事へのトラックバック一覧です: クラナド総括②:

« クラナド総括① | トップページ | クラナド総括③ »