« クラナド総括② | トップページ | 今月の »

2008年4月 1日 (火)

クラナド総括③

Ngg587 もうそろそろフィニッシュにしよう

つかそもそも「アフター」有るのにまだ語れねぇよなぁ全部は

というわけで「TV版クラナド」に価値は有ったか?

まぁ結論から言うと「有った」わけなんですが                                 仮にアレ「京アニ」以外がやったら…どうだったんだろう?

…って考えてみたら激情版観てねえや。まぁいい、それは置いといて                          「投影晩夏ノン」を引き合いにして考えてみるに…

まぁまず「あそこまでのネタと作画へのこだわり」は観られなかった

でも…それ以外って…どう?                                                 結局「京アニ」でも「朋也ハーレム」だったし。展開的にギクシャクしてた部分も有った                     「原作を誤解無く読んだ」良識のあるスタッフなら…他のアニメーション会社でも                       やれたんじゃない…?

意外と「凡庸」だったんじゃない?「京アニクラナド」

…とある一点を除いて

それは                                                           例の問題の回                                                      この手のネタの作品にしてはめづらしく(多分)おにゃのこへのフラグ残らずヘシ折った!

たしかサブタイトル「逆転の秘策」

あの回は、文句無かった。藤林姉妹マジ泣き                                       (ついでに言うとあれで実質的藤林姉妹出番終了。以降智代空気)

…なんだけど                                                          「あれ」を「やれた」という事で                                                今回の「TV版クラナド第一期」は記憶に残る作品となったんじゃないでしょうか?                          まぁこういった結論でいいよな?

さて                                                                これで残された視聴番組が篤姫とキバなわけなんだが…

なんかアニメも観てみたいな

|

« クラナド総括② | トップページ | 今月の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164476/12035479

この記事へのトラックバック一覧です: クラナド総括③:

« クラナド総括② | トップページ | 今月の »