« 規則がいっぱい法律いっぱい | トップページ | 俺は自分に罰を与える »

2008年5月14日 (水)

歌が通じる相手ならまだマシだった

Ngg614 激タイミングズレながらこないだの「マクロスフロンティア」

いや前半は相変わらず話運びが雑だったけど                                                                    「おっぱいメガネ」が段々いい味出してきてるな

でも後半はいいかんじ

シェリるがようやっと好きになれて来た                                              まぁなんつうの?アイツ「スキの無いツンデレ」だからなぁ                                 いわゆる一般的「ツンデレ」って「ドジっ娘」と紙一重(つかヘタなホンだと区別できてない)       だからな。そういった意味では良い「キャラの育て方」だな

最期の方でライブにからめて「クォーター」発艦でEDに流れるあたりセンス良かった

今回問題はランカの存在感が非常に薄かった事…くらいか?

|

« 規則がいっぱい法律いっぱい | トップページ | 俺は自分に罰を与える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164476/20941868

この記事へのトラックバック一覧です: 歌が通じる相手ならまだマシだった:

« 規則がいっぱい法律いっぱい | トップページ | 俺は自分に罰を与える »