« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

地には平和を

Rg181 やっぱデメコーズがどうにも…

絶望的にえさとりがヘタ                                             もはや「遊泳能力が」とか「視力が」とか以前の問題                                 だって「えさやり」ってこっちの恣意である程度配分できるけど…

今日なんかも体震わせるくらい興奮してえさを「水底」で探すデメコb                     他のヤツラとまじっていかにも「えさちょうだい」っぽい事をするデメコa

でもどっちもえさにありつけない

デメコaは一匹になって水面に居る時を見計らって周囲にえさをバラまいてみた                   だけどえさに囲まれて興奮しておたおたして…                                    3分後にシロとウルトラ(仮)に全部食べられました

デメコbは水底で体震わせながら落っこちてきたえさを鰭ではねのけてえさ探し                   たま~に(今日目撃したのは一回)偶然えさが口に入ると                              まるで放心したかのように体の震えが止まる                                     オマエヤク中かよ…

どうにもイカン

でも甘やかしすぎてもイカン

予定通り昨日から塩水濃度薄めていって                                     今日夜帰宅してから水槽水でさらに薄めていって5時間ほどかけて                           先ほど本水槽にコマンドー達を放流                                    合計九匹。共同生活のスタートです                                        60cm水槽に九匹…ちょっと多いか

これからまたじっくり観察して                                             過密でストレス感じてるヤツの気配を感知したら即対応します

そしてデメコーズ                                                      ヤツラこの「サバイバル」を生き残れるのか?(かなりいろんな意味で)                      一週間ほどしてまだえさが取れないようならこいつらだけ隔離。プラケースに                   そしてえさ取りの再特訓です

でも「水槽から個体を抜く」のって…危険かもこういう場合                                   以前の「シロ隔離した後いじめにあった赤」の例があるからなぁ

いずれにしろ次の行動は(あるとすれば一週間後)                              観察しながら決定します

そして                                                              ようやく全て落ち着いて水槽の温度下げて(今はまだ26℃定温)                         そこまできてようやく「プロジェクト60」終了です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

源田サーカス

Rg180 ある意味案の定…

今本水槽には五匹居ます                                             デメコーズとウルトラ(仮)と赤とシロ                                                いや賑やかになって良いね♪

赤とシロを救ってくれたプラケースは今無人です                                  いや厳密には硝化菌が居る                                             だから奴等のエサのために本水槽のウンコ拾ってプラケースに入れてます                 あとひかり金魚も少々

ところで今朝初めて五匹まとめてえさやりで…

あきれちゃうのは赤                                                な~んか「完全にリセット」されたっぽく                                     デメコbにつられて水底でわぁわぁ大騒ぎする始末…

バカかお前は

まぁ…後で思い出したらしくしっかり水面でえさ取ってましたが

やっぱシロが一番えさとりは上手い。そりゃ前もワキンよりも早かったし                  あとウルトラ(仮)…シロに匹敵する                                        まぁウルトラ(仮)は「ウェッ」があるから総量ではぜんぜんシロの方が多いですが

でもやっぱ…デメコーズがなぁ…今日はほとんどえさにありつけてなさそう

bはもう…水底なんだけど問題はむしろ水面までちゃんと来るa

えさにぜんぜん気が付かない、すぐそこにあるのに                                 シロとウルトラ(仮)は十数センチ先のえさまで正確に突進するのになあ

金魚は目が悪いそうで                                            特にデメキン、チョウテンガンとかの「目が改良された種類」は殆ど視力無いそうで                でも…他のやつらも                                                    つか魚類全般って「真正面の視野」は殆ど無いはずだから                             あんま変らないハズだよなぁ

でもなんとなくだけど

シロとウルトラ(仮)は…真正面のえさが「見えている」…ような気がする                       あの正確な突進は                                                「嗅覚」だけでのえさとりは赤…程度なんじゃないかなぁ                         赤だって10cm以下の距離ならちゃんと補足してるから                             その程度で充分なんだがなぁ

というわけで今日はシロが一人でほぼ全部えさ食べちゃったので                         白いウンコしてました…喰いすぎだな

明日夜ワキンコマンドー達も本水槽に合流させます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

エルベの蛍

Rg179 「まだロケットを実戦に使うには早すぎるんだよ…」

一昨日コメットさんが亡くなりました。★になりました…                             なんという事だ…

最後の夜。恐る恐る見た薬浴のバケツの中で一瞬                             長い鰭をなびかせて優雅に泳いで見せてくれました

***********************************************************

結局「病魚扱い」しちゃった事がいけなかったんだと思う                             最初の「病気じゃない」という直感通り「塩水浴」で止めておくのがベスト                         だったと…

新しい水槽にイマイチなじめず                                            デメコbにジャマにされて                                               (デメコbはそんな気は無かったと思う、つかそんな余裕無かったと思う)                       だんだんストレスたまってぐったりしてきて…

結局トドメが「ゴールドFリキッド」…だったんじゃないかと                               あれって「薬効」すごいけど激しく水質変える(アルカリに)から

結局やはり「判断ミス」です

悔やんでも悔やみきれない…

ゴメンコメットさん                                                     もう少し環境落ち着いて…飼育技術学んで経験積んで                             立派になって(俺が)から…また迎えに行くよ

それ以外の三匹が元気(モチロン赤シロとコマンドー達も)なのが                        せめてもの救い

ウルトラ(仮)は                                                      もう食後の「ウェッ」は…見慣れた                                         ただし今後いつもの「ウェッ」か…「消化不良」なのかを見極められるようにならないと            この子の口も見慣れてくるとフグみたいでかわいい♪

デメコa                                                             まぁ一応水面でえさは取れるようにはなった…ただまだまだ                             つかやはり性格的にムチャクチャマイペースっぽくて                                 ある意味外因的ストレスには強そうだ

デメコb                                                        コイツは…シロの初期みたいに「ここにえさがあるはずよ!」で                           同じところばっか掘り返してるわけじゃないけど…                                「水底にえさがあるはずよ!」で水底ばっかでフィーバーしてる…                          まぁ…「ひかり金魚」沈降性だから…あながち間違いでもないが                            全員一緒になったとき…沈んでくるまでえさが残ってるかどうかが…

まぁ仕方ないです。つかまぁボーダーラインまで訓練できた

今日「赤シロ」を本水槽に合流させます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

ブレーメン5って言うのはどうだい?

Rg178 今日から本水槽の四匹にえさやり

意外な事にウルトラ(仮)が…一番賢く、初手からえさを上手く取れる                         すごい!                                                             でも…ほぼ一人で喰ってたせいか食いすぎっぽく「ウェッ」てなってた

デメコbが一番バカっぽい                                               なんせアタマにえさ落っこってきても気付かずにわたわたしてた

デメコaは…まぁ最初ならこんなモン                                       水面に来るだけ赤の最初よりマシ

コメットさんはなぜか食いが悪かったけど…落ちるえさを上手にキャッチ                        流石

でもこいつら                                                        「赤シロ」の最初みたく「えさに過激反応」…しなかったなぁ…なぜか

「赤シロ」は…えさぬき一週間。今回は四日だったから…?

でもデメコズは…じわじわ盛り上がってきて「祭り」にはなってたなぁ                        気になる残り二匹…

で                                                               本当は良くないんだけど                                                夜帰宅してからもう一回えさやり

やっぱ「ウルトラ(仮)」が一番                                             だけど…発見した

やっぱウルトラ(仮)は…えさ喰うと「ウェッ」ってなって…                              ちょっと吐き出した

そういえば…としみじみウルトラ(仮)を観察するに…                                こいつは…口がおかしい                                                 妙な形をしている

右側に寄り過ぎたあごで口が上手く伸びていない                              これは…先天的な畸形っぽい                                              …気が付かなかった

多分「咽頭歯」の噛み合わせも良くないんだろう                                    えさが上手く咀嚼出来なくて「ウェッ」ってなってるっぽい                                 せっかく「えさとり」の才能があるのに…可哀相すぎる

これは…しばらく様子を見るけど                                                  最悪は…この子だけ隔離してやわらかいえさ与える…しかない

でも却ってますますウルトラ(仮)に愛着が沸きました                               この子は大事に育てなければ…

というような事をやってるうちに                                           コメットさんが…元気が無い…やっぱ

しばらく着底したりフラフラ泳いだりしてたんだけど                                    (時々デメコbにジャマにされながら)                                          そのうち水底で…横に…

二週間前の悪夢                                                       あれを繰り返さないために…

コメットさんを隔離                                                      バケツへ逆戻り

大慌てで水作って(今はコマンドー分隊用の塩水しかなかったから)                         急いだのでお湯と水合わせて(カルキ抜きして)同温にした真水で薬浴準備

「塩水浴」にするか「ココア」か「薬浴」か「イソジン」か                              散々迷ったけど…

具体的な「症状」が判らなくて判断に困る                                     外観上どこも異常はないしエラもちゃんと普通に動いてるし                           前回の初代の時は「尾ぐされ」になったシロが居たから「エラ病」と判断できたけど                今回は…わからん

なので今回は「グリーンFゴールドリキッド」を選択                                 細菌が原因ならばオールラウンドに効くから

2時間ほどかけて「退避→薬浴」ちょっと拙速かもしれん                           でも今のところ…多少良さそう                                        時々泳ぐ

前回の「大失敗」繰り返さないようヒーターはタテに水面ギリギリの高さで                            バケツ内壁にキスゴムでがっちり固定                                       エアレーションは最小限です

持ちこたえてほしい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

達成感

Rg177 これでクラナド本編で「立ち絵」のあるキャラ全部描いた記念

描き始めて5年10ヶ月でのたっせいであります

それはそうと                                                       今日も本水槽に入れた四匹の観察

デメコaは大分落ち着いてきた。ゆったりゆったり                                  ちょっとデメキンにしちゃ長手で目が小さめだなデメコaは                              しっぽ、昨日と比較してあきらかに治ってきてる

デメコbは…こう言っちゃうとアレだか…ブサイク…                                  いや「デメキン」らしい顔立ち…だなぁ!                                         しっぽがふさふさと長くてキレイ                                           でもなんか今日…水泡のいっぱい付いた妙なウンコしてたなぁ                             ちょっと気になる

ウルトラ(仮)は…                                                       なんか落ち着いてない!                                                  時々思い出したように猛然と上下方向に泳ぎ回る                                あと上部ろ過機の水流に流されてウワーって                                     なんか一ヶ月前のシロ見てるみたいだ

コメットさんは…やっぱマイペースだなぁ                                            どうもアヌアビスナナが気に入ったようで鉢植えの周りウロウロしてる                       …かと思えば

ついさっき水底に沈んでるコメットさんを発見…!                                 びっくりした

二週間前のあの光景が…                                                 亜硝酸地獄の本水槽の水底にグッタリしてるコメットさん(初代)の画が…

でもコメットさん(二代目)…横たわってない                                      アナ公の後ろヒーターの横ナナの鉢植えの横と挟まれた場所                              赤のお気に入りの「安全地帯」そこで水底に腰落ち着かせて                      時々目だけキョロキョロ動かして…

…寝てるんか…?

どっちにしろ様子見

明日朝いつもより早起きして                                                えさやりです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

移民計画

Rg176 水作のエアレーション効率がどうやったら上がるか考えて

結局「活性炭フィルター」から活性炭抜いたドンガラを水作に戻しました                           あのドンガラ「ザル状」になってるからあそこがバッファーになって                            水泡が細かくなるかと…

で…なりました。いいかんじです

その「水作」いじってる間に矢部が…俺の指をパクパクとつつく                        わぉ!昔居たなこーゆーコトして角質取ってくれるサカナ

というわけで今日も朝から金魚の世話

塩水濃度を目勘定0.2%くらいまで落として改めて観察するに

デメコaのしっぽ…なにやら千切れた部分が白くなってる…                               水カビ?

そう疑い…細部観察するためにやむなく                                        冷水で良く洗って冷やした手でデメコa掬って手のひらで観察                            まぁ暴れるわ暴れるわ

当然一瞬だけですぐ放流しましたけど…水カビ(白い綿毛っぽい)は                        …見えなかったなぁ

一応念のため規定量の半分程度のメチレンブルー(グリーンFリキッド)に漬ける                 ストレスになるだろうし…どっちにしろ予定は変えないつもりだったから                      短時間で効果…?だけど一応

でも「イソジン」やって26℃0.5%塩水浴中に水カビ…?

でまぁその後2~3時間ごとに塩水濃度、エチレンブルー濃度下げつつ…21時

本水槽のワキンたち(屈強な水作りコマンドー分隊)を一旦バケツへ退避                     …させる戦いが大困難

コイツ等…むちゃくちゃ素早い                                           ものすげー苦労しました…まぁ「野生のフナ」並だからなコイツ等                         よく金魚の本に「頭からやさしくそっと掬いましょう」的なこと書いてあるけど…無理

まぁなんやかんやでようやく移住完了して                                      無人になった本水槽でレイアウトいじり                                        お!アヌビアスナナに新芽が出てる♪                                       でも前からの葉にはコケが…まぁいいや

というわけで準備万端整った22時                                           デメコaをまず本水槽へ

激しく泳ぎ回る                                                    この子ここんとこころ観察して判ったんだけど                                    水温やら水質やら環境やら何がしか変ると猛然と探求して                               飽きるとじっとする…極端な性格                                               多分大丈夫だろう

千切れた尻尾のあたりようやっとマトモに観察できて…見てみるに                        なんか水カビじゃなさそう                                                もしかしてコレ…治ってきてる?                                         治るモンなのか?

でも三週間前は全部の鰭がボロボロで尾っぽの先の前から曲がってた部分が                   パックリ裂けてて…「治らないだろうな」と思ってたシロ                                   もうすっかり全快してて…裂けた部分わかんなくなっちゃってるし

流石にデメコaは「裂けた」んじゃなくて「途中で取れて」るわけだから                        完全に元通りになるわけないだろうけど…どうだろ?

そしてデメコaが水槽に慣れ始めてきた一時間後                                   デメコb・更紗・コメットさんを水槽へ                                           あぁ…夢実現

デメコbは…案外目つきが悪い事を発見                                         上見はかわいいんだけどなぁ

更紗リュウキンは…なんかこの体の色の配色…                                          どっかで見覚えが…と思ったら                                            ウルトラマンだ                                                     しかも「特撮ウルトラマン」じゃなくて「ザ」の方                                      ウルトラマンジョーニアスだ

コメットさんは                                                         やっぱこの子前のコメットさんと違って水底の方が好きみたい                             前のコメットさん…水槽環境が悪くなる前もずっと水面だったからなぁ                         でもこの子も…なんか頭良さそう

他の3匹が一ヶ月前のシロみたく                                              奥の上部ろ過機の水流にバー流されながらいつまでも行ったり来たりしてるのに                  一人悠々とアナ公つついたり底砂利つついたり                                   コメットってこういう種類…なのかなぁ?「アタマのいい」

でもこの後この四匹「えさとり」の修行です

明日はじっくり水槽に慣れさせて                                            明後日朝からえさやります

PS:バックスクリーンが黒だからデメコa/bともに後ろの方に行くと見えん…

PS2:コマンドー分隊は静養の為現在塩水浴中…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

食べるなキケン

Rg175 下描きちょびっとづつ進めてます

まぁ2月中に終ればラッキー程度に

ところで今日赤とシロが並んで妙なウンコしてた                            やたら細くて長くて…時々「実」の詰まったウンコ

あれ?                                                     でもこの細いの…

金魚の糞は「ソーセージ」みてーなモンでして                                     半透明な「ケーシング」みたいな糞(外套膜?)の中に「実」が詰まって                        そのままズルズルひきづってるんですが

どうにも細すぎる…あれ?                                          これって…ウール?

でミニろ過機のろ材を見てみたら                                          なにやら細いウールがかなりハミ出してる

気にはなってたんです                                                 以前本水槽の上部ろ過機になすりつけた時ほつれてた…って

それがかなりほどけてる                                                 こりゃ多分赤とシロが…ほじくり出したな

そして喰ったな…!

こりゃイカン                                                      今はまだ「細~いウンコ」で済んでるけど                                     毛玉喰ったらそれだけで腸がやられるぞ

というわけで対策                                                     ミニろ過機の毛玉が飛び出てるあたりを「サランラップ」で覆う                        これでヤツ等は手が(口が)出せない

案の定そのあと「毛玉が有ったあたり」を一生懸命ほじくりかえそうとしてました                      もうだめだよ~

でもミニろ過機の内部の水流が変っちまったから機能ダウンする…だろうな                      まぁどうせミニろ過機のろ材はもう交換するつもりでしたし                         水作も…まぁほどほどにろ過は出来るだろう                                でもしばらくはプラケースの水質には注意

でももうすぐ「お引越し」です

まず明日                                                       こないだGETして今塩水浴中の4匹を明日本水槽に入れます                         今日から徐々に塩分抜いてます

明日夜まずワキン連中を本水槽から出して塩水浴                                 その後4匹を空の本水槽に投入

1日置いてあさってからえさやり                                  つか「えさとり」の特訓

赤とシロもそうだったけど上手にエサ取れるまで…赤は4日くらいかかったし                       まぁ様子見て木曜日くらいに赤とシロも本水槽に入れて

しかるべき後(予定土曜日)にワキン連中も入れて

来週日曜日から全員にえさやりです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

魚心あれば水心

Rg174 サターン版下級生で下着つけたままの入浴

僕は特に違和感有りませんが…?

というわけで                                                       突然思い立って「水作」の改造をしてみた                                    つか「改造」とか大層なモノじゃなく

本水槽の「M」の活性炭フィルターを(ジャマだから)取り外した                              プラケースの「S」はハナから活性炭フィルター外してある…                            このフィルター外した真ん中の空洞がもったいなく感じて…

リングろ材詰め込んでみた。5mmくらいのちっこいヤツ

詰め込んだら…最初は詰め込みすぎでろ材がてっぺんから噴出して                        火山みたいになっちまった…

数を減らしてあらためて水槽に投入…するに

やっぱ「ろ材」が暴れてる…エアに押されて                                      こんな細かく動いてるようじゃ…意味無いよな。バクテリアが定着できんだろ?

そこでまたしても思い立って                                                    活性炭フィルターの活性炭捨てたフィルムケースみてーなヤツ                          そこにリングろ材詰め込んでみる…けっこーキツキツ                                  「S」の方なんざほぼ「砕きながら」詰め込んでる状態

再度セッティング…してみるに

明らかにエアの排出量が減ってる…キツキツすぎ

そこでふと悟った

ていうか…ようやっと気が付いた                                               「水作エイト」はあくまで「サブフィルター」であって                                  目的は「ろ過」よりも「エアレーション強化」だった

エア量減少しちゃったら意味無いじゃん!

結局水作の中身は空洞のまま。当たり前                                        ていうか外側のウールのろ材が水作のメインなんだから

水作を「ろ過メイン」に使うんなら金魚屋で見かけた

「ウールろ材も外した水作のドンガラに大き目のリングろ材詰め込んで」                         使った方が効率いい。                                               「物理ろ過」は…効果無い(無くも無いか?)けど                               ある意味理想のろ過環境だしな

でも単純に「リングろ材の入れ物」にするんなら                                       ロカボーイの方がいいのかも。四角だし

ところで                                                              昨日のデメコaへの「イソジン」は効果的だったようです                                 明らかに昨日とは動き方が違う

金魚が「怪しい」時                                                    まだ体力的に大丈夫なら                                             「何も考えずにイソジン」は有効かもしれない                                          但し「過激療法」だという事は忘れずに

「カルキ抜き。温度合わせした真水にイソジン(ノーマルなやつ)3滴/1ℓで5分」です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

ゼロは兄ちゃんだったんだ…!

Rg173 「ジェッターズ」のDVD欲しいです

ところで                                                              ウチの本水槽…本日めでたく「亜硝酸濃度0」達成であります!                             やったっ!よく頑張った「上部ろ過機」と「水作」と「ワキン」

またしても「ちゅうとはんぱ」に亜硝酸ダウン達成                                やっぱ…多少なりとも「ミニろ過機」のろ材なすりつけたり                            水温ずっと高め(26℃)にしてたせいだろうか…なんにせよ安心

…というわけで                                                    今日は「実家から朝帰り→そのまま休日」だったので                                午前中から街道筋の金魚屋へ行って…「新しいお友達」GET                             黒デメキン2匹更紗リュウキン1匹コメット1匹                                      デメコ×2更紗×1コメットさん×1…ゴメン「茶」は良さげな子が居なかった…

そして「茶」の恐らくは死亡原因であったであろう「アエロモナス菌」への対策                       「グリーンFゴールドリキッド」も購入…高いよ                              でも「アエロモナス菌」にも「カラムナリス菌」にも効果のある特効薬

というわけで四匹モノスゲー慎重な運転で振動させないよう車で帰宅                          …今日ほど「マンホール」が憎い日は無かった

2時間ほどかけて水温&水質合わせしてて…その間じっくり観察するに                      それぞれ元気そうではあるが…デメコa(仮)が…尾鰭に異常                          ばさついてるのと…右のはじっこがちぎれかかってる…

掬った際かもしくは輸送の際傷ついたか…?あるいは元からか?                           とっちにしろ見ているうちに千切れてしっぽのはしっこが取れた

う~ん…良く無ぇ

だから「デメコa」だけ5リットルバケツへ単身赴任                                   それ以外の子達は先日買った15ℓバケツへ                                       予備ヒーターフルに使って0.5%塩水浴

う~ん今度のコメットさんは…水底が好きそうだなぁ                               更紗もどっしりと…落ち着いてる                                            デメコb(仮)は…一番大きいクセに一番ちょこまか動いてる

デメコaを気にしつつ…ゲンコー下描き作業しながら夜になる

で…デメコaの様子を見るに…水底でじっとしてる

更紗とコメットさんは…バケツにフタしてるうちは中層を遊泳してるらしく                          フタを取るとパッと下にもぐるけど

デメコaは…沈んだままっぽい

こりゃイカンな…

と思い                                                               先月の「大失敗」を…繰り返さないために…早めの対策に打って出ました

イソジン

過激な「イソジン5分浴」                                               輸送っていう「超ストレス」与えた同日にイソジンは…ヤバいかもしれませんが                     それでも「12時間」は経過してるし                                             なによりも「手遅れ」になってからでは遅い

しかも「グリーンFゴールドリキッド」で薬浴よりも                                   「イソジン」の方が即効性があります

だからトライ

だいたい水温あわせた1ℓ金魚鉢にイソジン3滴                                      デメコaを手で掬う                                                     案外暴れる…まだ体力は充分

イソジンへ

急いでたから金魚鉢かきまぜた時の水流が残ってて流され気味なデメコa

でも反応は悪くない…パクパクキョトキョト                                       そのまま5分過ぎキッチンタイマーの警報でイソジン終了                               全く新しい0.5%塩水へデメコaを放す

ゆったりと泳いでる…多分成功

効果は明日わかるだろう

…で                                                                    そうこうしている内にふと本水槽を見ると…                                     ワキンたちの姿が見当たらない…                                              良く見るとそれぞれ…水底付近でブルブル震えてるし

あ…キッチンタイマーの音か

それから2時間たちましたけど…奴等未だに「警戒モード」です                             よっぽど恐かったんだナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

判断に困る…

Rg172 というわけで「二番目にちっちゃいヤツ」ですが…

赤い斑点はまだある…気がする                                        ていうのも

昨日はなんとなく「ボー」としてる雰囲気で自慢の背びれも畳み気味                      …だったから色々と疑ったけど

今日はバリ元気                                                          まっさきに「えさちょうだい!」やってて                                        自慢の背びれはまぁ…立派におっ立ってて…

そう言われれば「赤い点」前からあった…気もするし                                   矢部のアタマみたく

う~ん…

今日は二番目にちっちゃいヤツ「ココア漬け」にする気まんまんで帰宅したのになぁ                   ココアはアエロモナス症に効くのです。ウンコさせるためだけでなく

ウンコといえば                                                   二番目にちっちゃいヤツちゃんとンコしてたしな                                    やっぱ様子見か…昨日大型換水したし

あとびみょうに判断に困るのが                                               今日本水槽の亜硝酸濃度5mg                                            明らかに減ってる                                                         先週までは「換水しても濃度は変わらない」状況だったのに

よく「金魚飼育テキスト」では「亜硝酸濃度は突然下がる」って書いてあるけど                        こないだの「ミニ水槽」の時も…ウチでは中途半端に下がる…のか?                         コレもしかしたら「二番目にちっちゃいヤツ」が今日バリ元気の原因                                 …なのかもしれん

まぁでも「吉兆」                                                         本水槽の水作エイト引っ張り上げて見て見たらいいかんじに「ヌタヌタ」                             う~ん…いいぞう「ぬたぬた」

もし亜硝酸濃度0になったら                                             うれしくて金魚買い足しちゃうぞ

ところで次回サンクリ向けクラナド新刊「カントリートレイン」下描き開始                       今日も残業で…やっぱあんま時間取れないから                                       早め早めで始めるです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

安全宣言

Rg171 今日もプラケースの方の亜硝酸濃度は0でした

大丈夫でしょう。プラケースは水が出来た                                          まぁ…当たり前なんでしょうけどね。元から使ってたろ過機だし                       でも幾多の俺のヘマを乗り越えて…復活してくれたようです                  これで赤とシロもまぁ安全。良かった

あとは本水槽だな                                                       やっぱ今日も亜硝酸地獄。よってほぼ1/2水換え                                でも「水換え」って…楽しいから好き

つか基本金魚の日常の世話って                                        「エサやり」と「水換え」だけだし

えさは…以前の反省より                                                朝一回のみにしてます                                               「咲ひかり金魚」はやや小粒だから                                           一匹あたり5~7粒                                                     ロストした分除けばほぼ食べ残し無し

おかげで昨日のように全員良い糞♪

だから夜帰宅すると「水換え」以外してやれる事が無いんですよ                           だから好き♪

でも                                                             今日始めて気が付いたんだけど…                                        二番目にちっこいワキン                                                なんか体の左側面に…ポツポツ赤いのが…見える

これ「前から」…だったかなぁ?                                                なんせコイツ等見分けつかないから…

ちょっとあやしい。コイツ以前「尾ぐされ」になりかけて                                   大型換水で数時間で治ったヤツだし…たしか

今日大型換水したし                                                  明日一日観察してまだ「こう」だったら                                          隔離を検討しよう

なんせ「亜硝酸地獄」油断できない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

ハイ・ハイ・ハイ・ハイ

Rg170 バレンタインデイ・キッス

いやこのトシになっても母親からチョコ貰うとは思わんかった…                           まぁ…妻はくれましたよ。ピーナッツチョコ                                      これは毎年リクエストしとるのだ

それはそうと今日の水槽

本水槽はもう報告するまでも無く亜硝酸地獄                                      だけどプラケースの方は亜硝酸0になった

明日も0ならば…まぁ安全宣言だろう                                       良かった。ミニろ過機のニトロスピラが無事で

今日は全員ものすげぇウンコしてた                                             やっぱ一番は赤                                                       ぶっとい輪ゴムみたいなヤツ二回してた                                       あと今日はデカも自分の体長より長~いの引きずって泳いでた                            何より何より

今日はまたしてもお買い物                                              エアチューブとか三叉とかプラケース用の水温計とか細かい用品                          あと15ℓのデカいバケツが安く買えた♪                                      あと六つ口のテーブルタップ買って水槽の裏の配線の整理                         ついで二つある水槽両方に入っている水作エイト(MとS)                           それぞれにブクブク一つずつ付いてたのを二叉使って一つにした

とりあえず今プラケースは「赤とシロの避難用」だけど                                ゆくゆく先本水槽が落ち着いて全員住めるようになったら                              プラケースは「いじめられたor体調崩して塩水浴」のヤツのための                               隔離飼育場所とする予定です                                          無人になっても本水槽の「底水」と「拾ったウンコ」入れとけば                             ろ過機の活性は維持できるだろう…多分

ところで今日衛星で「トップをねらえ!」やってましたね                            まぁあのアニメ「タカヤノリコのおっぱい」以外あまり用事は無いので                         まともには見てないんですが

なんか「グレンラガン」と雰囲気が似てる部分が多い                                  いや「グランラガン」が似てるんだった「トップ」と

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

小康状態

Rg169 今日の亜硝酸濃度

本水槽15mg、プラケース1mg                                          一昨日と変化無し

本水槽は相変わらずガミラス本星なみの「地獄」ですが                              濃度が「上昇」してないだけマシ                                               プラケースも…多少は「亜硝酸分解バクテリア」も…残ってるんだろうか?

とりあえず両水槽とも1/3強水換え                                          30分ほどかけて徐々に新しい水入れてったけど…                                 本水槽のワキン連中は…入れた水に流されて遊んでる                            もしくは「ふぅー」って新しい水浴びて一息入れてる                                …ように見える(根拠無し)

こういう状態が…いつまで続くんだろう?                                       たしか前回「ミニ水槽」立ち上げた時は二週間ほどだった

それにしても本当この「ワキン連中」は…たくましいなぁ

そして相変わらず赤はスゲーウンコの量                                        コイツが居る水槽はウンコだらけになる                                        健康的でいいんですけど

今日水槽に15cmくらいあるウンコが漂ってた                                    これ…「した」のか…?スゲー

「ココア」に赤漬けたらいったいどういう事になるんだろう…ちょっと楽しみなような

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

おや?

Rg168 シロの右の胸鰭がなんかヘンな形になっちゃった

「尾ぐされ病」ほとんど治ってきたんだけど…                                        あと鰭自体が硬くなっちゃってるみたいで…これ治るのかなあ?                             まぁこれはこれでかわいい仕草なんですけどね

結局プラケースの方も亜硝酸濃度上がってきてる                                本水槽の「地獄」よりかなりマシだけど…様子見だな

それはそうと次々回クラナド本107P                                            改めて見直してみたけど…配分的には悪くない。エピソードの足し忘れも無い                     けどもうちょっと余裕持たせて…ページ若干増えるかも                                無駄なエピソードも無い

ただ                                                                最初考えてたプロット…つか「作品イメージ」となんか違う                                     最初は要は○が最終的に幸せになる…だけ(流石に今は伏字)の話                                   だったんだけど…

登場人物が全員(汐も含めて)引きずってる…話になっちゃった                            渚のことを

まぁでも「この方が良い」のかもしれませんしね                                   だってクラナドの主役は朋也と渚なんですから

でもまだもうちょっと考えよう                                              あと2~3日は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

世界が変わる

Rh167 昨日ウィキで「スペースシップ・ワン」の輸送機の

「ホワイトナイト」観てて                                                 あ…なんかこれ「コメットさん」に似てる…

ちょっと涙ぐんでみたりして

というわけで最近恒例行事になってきた「木曜休日実家から朝帰り」で                         朝から金魚の世話

シロのミニ水槽と赤のバケツのメチレンブルーを少しずつ薄めてゆく

一昨日買ったプラケースを水洗いし                                         同じく洗った大磯(底砂利)を敷いてセット                                          真ん中に水作エイトS置いてミニろ過機を本水槽から移設して真水入れる

その間本水槽の水質調査

う~ん…まさに地獄                                                  亜硝酸地獄                                                       思い切って1/2水換え

しかるべき後                                                             濁りのとれたプラケース水槽に赤とシロを投入                                   良かった…

シロのひれはほぼ治ってる…でも胸鰭ちょっとちっさくなった                           赤は…尾鰭以外はほぼ平気だなぁ

もしかして赤は「尻尾かじられた」だけで「尾ぐされ病」じゃなかったのかもしれん                      でもまぁ「メチレンブルー」って「外傷薬」でもあるから良かったのか

シロは5日赤は4日高濃度のメチレンブルーに漬けてたので                            二匹ともハナが青くなってましたw

そしてその後                                                       …本当はあんまり良くは無いんだけど                                        状況把握のために夜になってエサやり

「ろ過」の状況の確認です

「ミニろ過機は本当に無事か?ミニろ過機外した本水槽は大丈夫か?」

えさをやってから4~5時間後再度水質調査                                       本水槽は…アンモニア0亜硝酸地獄                                          プラケースは…アンモニア0                                                   だけど亜硝酸がほんのちょっと                                                 …一応「機能」はしているようだけど…ちょっと気になるなぁ

やっぱ「高濃度アンモニア地獄」と                                           「リセット後のアンモニウムイオン環境」で                                             亜硝酸分解バクテリア…影響されてたか

「全滅」じゃなければいいが…                                               やっぱ油断は出来ない

それにしても「プラケース」に居る赤とシロ

赤がシロのこと追っかけ回してる…                                           日曜日自分が「やられてた」事も忘れて長~いウンコ引きづりながら

恐るべきは野生の掟

そして本水槽は                                                        えさやりの時今日は矢部の位置取りが絶妙で                                       エサ一人でバクバク喰ってました

そりゃ矢部はコメットさんの次にアタマ良いからなぁ

…ですが「喰いすぎ」たのか「ヘンな喰い方」したのか…

食事の後異常な矢部                                                  口バクバクさせるのは…こういう状態のときは「そう」なんだが                             なにやらえらのあたりからポロポロとなんかこぼしながら泳いでる…

あ…エサの破片だ…こりゃ

えさの破片まき散らかしながら泳いでるもんだから                              他のヤツラが矢部を追っかけ回してこぼれたえさ喰ってる…                          妙な状況でした

矢部がちょっと心配だな…えら傷ついてなきゃいいけど

でもその後2時間ほど経過して今                                             矢部は普通です。バリ元気

でもしばらく「矢部のエラ」には注意しておこう

ところで夏コミケ向けクラナド新刊「ごみ」ネーム了                                   やっぱキタ107P

う~ん…製作スケジュール検討中…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

悪魔伝の七騎士

Rg166 七騎士の先頭は魔女…

悪魔伝の七騎士が空駆ける時、その国は滅びる

***********************************************

結局間に合いませんでした

今日日中コメットさんが★になりました…

また偶然休みだった妻に看取られて                                       彼女は2週間水槽に居ました                                          ゆらゆらと優雅に泳ぐ姿が…忘れられません

*****************************************************

もしかしたら「早期発見」してなかったのかも知れません                             水面近くにいっつも居たってのも                                              単に水中の環境が悪かっただけなのかも…

死因の最大の背景原因は「水槽環境」                                          直接の引き金はエラ病…でしょう

ただ「実際の死亡原因」は…                                           昨日夜帰ってコメットさんの姿を見たときに                                       ヒーターの丁度「加温部分」にだらんと丸まってぶら下がってました                          そしてその後もずっとその格好のまんま

イソジンやった時口パクパクして動こうとして

その後もずっとそのまんま                                                      今日朝は胸鰭広げて目をきょときょとして動こうとして…やっぱりそのまんま                     丸まったまんまでした

これはもしかして                                                  昨日日中だんだん弱って水中を漂って…                                                    沈んで                                                           偶然ヒーターにひっかかって                                              「低温火傷」したんじゃないか…?それもかなり過激に

つまり                                                                   イソジンで「エラ病」の方は快方へ向かってきて                                     泳ごうとしても…体が半分「煮魚」になってて硬直してて                                     そのうち火傷部分から壊死してきて自家中毒で…

「コメット」「シュブンキン」でしか起こりえない事態…                                    丸物とかだったらそんなところ(ヒーター)に引っ掛かったり…しないもんなぁ

***************************************************************

「プロジェクト60」失敗でした。しろうとのあさはかさでした                                     水槽の「水作り」とは…いやそんなせいにしちゃいけない                                結局僕自身の「拙速さ」が小さな命いつつ(ブチ含めて)…落としました

もうこれ以上は…ダメだ

こういう事で「金魚飼育」…諦めてしまう方が多い                                  いや「そうなってしまう」…んだろうなぁ

でも僕の「感覚」としては

ここで「何かを誤魔化す」ために金魚たちから目をそむけるのは…                               人としてしてはいけない事だと(←ちょっとオーバーな表現だな)思うです

ただ…もう「形」にこだわっている状況ではありません

幸いにして四匹のワキンたちは…すごぶる元気                                     屈強                                                                今本水槽はまさに亜硝酸地獄(測定限界値)なんですが…                                                    こいつらなら「頻繁な水換え」だけで…乗り越えられそうだ

そしてまだうちには「尾ぐされ病」が癒えかけているだけの赤とシロが…                              ヤツラを危険にさらす事は出来ない

そこで

本水槽には当分ワキン四匹のみにして                                           活性を保っている(…はず)のミニろ過機                                         コイツを使って…

で                                                                 今日近所のホームセンターで安いプラケース(13ℓ)と底砂(大磯)と                              水作S(ミニサイズ)買ってきました

このプラケースとミニろ過機と水作Sで「退避環境」作って                                  シロと赤は当分そこで飼うことにしました

仮にもし最悪の事態(ミニろ過機がオシャカ)になっても…

屈強なワキンたちの攻撃から丸物二匹を守る事が出来ます

決行は明後日                                                       それまでシロと赤はグリーンF漬け                                         シロは左のハラ鰭除いてほぼ鰭は回復してきました                                  赤は…バケツの中だから細かい観察が難しいけど                                       胸鰭はほぼ問題なさそうだ。絶食三日目でまだウンコブリブリしてるし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

Rg165 イソジンうがい薬買って来ました

コイツで尾ぐされ病とエラ病の治療をするんです                                       ただしコレ超強力で…1ℓにつき3滴で5分                                        それ以上やると金魚が★になります…

超強力な殺菌治療を…!やる!

…と意気込んで帰宅したら…

コメットさんの容態が急変していました。                                   ヒーターの上に横たわりピクリとも動かず…

また…

と思ったら…かろうじて生きてました。呼吸はしている                                 でも…それだけ

あわててイソジン                                                                              今他に出来る事は無い                                                  正確に計量してそっとコメットさんを手で掬いイソジン浴

かすかに…動こうとしている

多分…大丈夫

…で5分が過ぎイソジン浴終了                                       念のため…本当は良くないんだろうけど                                       治療バケツのアンモニアショックとか他の細菌の可能性も否定しきれないので                    全く新規の水温合わせした0.5%塩水へ

観察

とりあえず…生きている                                                 時々動こうとヒレを広げる…くらいで

バケツの底でまるでタタミイワシのように丸まってる…

これってつまり丸いヤツだったら水底にどっしり沈み込んでる状態                     コメットさんは体が細っこくてひれがやたらとデカいから                           こういう状態に…なっちゃうんだよなぁ

細く…弱くしかし確実にエアレーションしながら…休ませるしかない今は                        イソジン浴したら丸一日はもう「それ以上」の事は…できない                                         イソジンが強烈過ぎるから

今晩が峠だろう

明日の朝まだ…大丈夫だったら                                           グリーンFゴールド顆粒買って来て本格的エラ病治療…したい

****************************************************

ちなみにシロと赤は元気                                               ヒレも大分良くなって来た                                                 こいつらにはイソジン必要ないかも                                   明日また様子見ます

ワキンたちはちょっと場違いなくらい元気です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

バカと即売会とウチの金魚

Rg164 朝方見たら二番目にデカイワキンも背びれがばさばさに…

とりあえずコイツのために朝から1/3換水                                         サンクリに行きました

すげーひさしぶりのA23ホール。いやぁ人が多かった

外周には

ていうか初動の外周に人が多いのはいつもの傾向で                          ムッチャケ結果的に延べ人員的には少なかった?                                   つか「総人員×滞在時間÷開催時間=」の即席分析指数的に言えば                            少なかっただろう

「ワンフェス」とかいろいろあったしね

まぁ結果論的にはまぁまぁ。つかいろいろ「お久しぶり」な人とも会えたし                          満足です

ご来場の漢には心より御礼申し上げます

…っていうかなんというか                                                 12時ごろ家に居る妻よりデンワがあり

「赤が二匹のワキンにいじめられてる」…と!                                    デカと矢部ではないらしい…ハテ?

とりあえず「酷そうだったら隔離しておいて」もらうよう要請して…                           家の水槽が気になる…

で…「丁度」というかなんといおうか                                        いつも即売会後の店の下調べとかなんとかしてくれる我々の仲間内では                     稀有な存在のマメな某氏が本日は仕事のため欠席

「歩く食の祭典」しょっちゅうはらへってて「いいからどっか行ってなんか喰おう」                          とひっぱってくれる某氏も欠席(つか申し込んで無い)なので

求心力も人望も無く家の水槽が気がかりな僕は                                    本日はまっすぐ帰宅することにしました

あぁなんか「不完全燃焼」                                                次こそは…ぶったおれそーになって                                            もうめんどくさいから池袋から辻堂まで豪快に                                 「湘南新宿ライナー直通便グリーン車」で帰る                                     豪華プラン(実は去年はずっとそうだった)実行します                            とかなんとか考えながら帰宅

家に帰ってまずシロの無事を確認                                             鰭だいぶ回復してきた…安心

赤の退避バケツを観察するに…                                             やっぱり赤の鰭がばさばさに…コイツも今日尾ぐされ病になったか

朝は全く平気で元気だったから                                              日中いじめられたストレスが原因であろう

で…なぜ「いじめ」が発生したのかその原因を推理するに

今までのミニ水槽の中では単純に「体の大きさ」で勢力の順位が固定されていた                  デカは…計7匹になっても一番デカイ(ひれを除いた本体の大きさで)から                    やっぱトップ                                                         矢部がやっぱ一番小さいのでビリ                                     で、間の二匹としては新たな仲間の「丸いの二匹」(シロと赤)との間合いを                     計りかねていたのが…

シロが病気隔離でいなくなって「丸いの」が赤一匹だけになって                       「コイツを倒して俺たちがNO2だ!」とばかりに襲い掛かった…                           が一番自然な推理だと思う

もしかしたら土曜日の日中まずシロが「ターゲット」になっていた可能性もあるが                土曜日夜病気発見した時の状態を思い出してみて…                             多分「まず発病」そっちが先…っぽいな

どちらにしろ「シロの発病」と「赤がたかが数時間のストレスで発病」                    どちらも「遠因」として現在の水槽環境に原因がありそうです

つまり                                                           現在アンモニアは沈静化しています。今日の水質検査では0でした                             「アンモニア分解サイクル」は完成したようです                                      そして「亜硝酸」が現在高濃度を示しています

「アンモニア」は水中のPHが中性~弱アルカリならば「アンモニウムイオン」                       まぁ安全…PHが酸性に傾いたら強毒                                          亜硝酸は慢性的にやや毒…こういう感じらしい                                               つまり「高濃度の亜硝酸」のせいでシロと赤は弱っていた…のでは?と

ワキン連中は高濃度亜硝酸環境は以前(11月)経験済みだし                              ヤツラの頑丈さはハンパ無いので…勢力分布がそれで崩れた…と

ワキンの頑丈さの証明として                                           二番目にデカイヤツの背びれ                                           大型換水しただけで直りました(しかもたった数時間で)スゲェ

やっぱ「子赤」の頑丈さは本物だ…と思い知らされました

とはいえシロもほぼヒレ治りかけてるし                                          赤も隔離したら安心したのかいつものようにブリブリやりまくってるし                     大丈夫だろう

…ところでコメットさんは…?

あの子はなにやらいつも「超然」としていて…なぜかだれも絡もうとしない                       ていうかコメットさんっていつも「位置取り」が絶妙で…                                 やっぱ頭良いからなぁ…

と思って…とりあえずは放置しておいて

シロの世話と赤のウンコ取りと                                             赤のバケツにもメチレンブルー(グリーンFリキッド)混入して                                今後の治療スケジュール検討とかしていてら

夜になってコメットさんが…ぐったりしている…!

いつも水面付近に居るコメットさんが水底でグター                                      びっくりして近付いてまずは観察

ヒレは…問題ない                                                          エラは…ちゃんと動いてる

でもこれは…エラ病…の初期段階…?                                        一番可能性の高いのは「亜硝酸ストレス」…でもここまでなるか?

やっぱ「軽いエラ病」と考えるのが自然だろう。しかも細菌性の

「尾ぐされ病」と「エラ病」両方とも「カラムナリス菌」が原因菌ですから

どっちにしろこれも「亜硝酸ストレス」が遠因だろうなぁ                                  そこでコメットさんもバケツ避難、この子は0.5%塩水浴                                亜硝酸も薄まったのでけっこうすぐに元気になりました

う~ん                                                             ある意味再スタート…

いっそのこと「硝化サイクル」完成までこの三匹はこのまま隔離するか…?

と一瞬考えましたがそれは却下                                           それってそもそも「何かが違う」からです

みんな一緒じゃないと意味が無いんです                                       …って「硝化サイクル」完成が遅れてるのは僕のせいなので                               えらそうな事全然言えないんですが…

とりあえず今回はみんな「早期発見→治療」できた!                          この調子で…俺もがんばる!

みすみす「★」にしてしまった更紗と茶の二の轍は踏みません                          そうじゃないと奴等がかわいそうすぎる

明日「イソジン」試してみます                                            「イソジン短時間浴」です

過激な治療ですが                                                      尾ぐされ病とエラ病…どちらにも有効なはず

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

カラムナリス

Rg163 亜硝酸濃度一気に5mgまでになりました…

1/3水換え。

でもなによりも…                                                         今日帰宅してまず気が付いたシロの胸鰭と腹鰭…バサバサに

尾ぐされ病だ

まずは…まぁ小手調べ。金魚の病気としては軽めな方                                しかも朝は全く異常なく…日中か…早期発見な方だろう                                          とりあえず動作に異常は無いから鰓病の併発は無さそう

だけど…あわてる                                                    まず隔離                                                         以前使ってたミニ水槽を熱湯消毒してセットして「汲み置き水」用のブクブクと                    予備の水温調整可能な方のヒーターをつっこみ                                        水槽水1~2ℓ取ってそこにシロ投入

本来ちょっと時間空けた方がいいんだけど…何せ水槽水亜硝酸の毒水だから                  ただちに温度合わせ済みの真水で半分ほどに薄める                                 その後30分~1時間おきに1ℓづつ真水入れて正味約6ℓのベース水確保                    それからあわててまだ空いている金魚屋へ車を走らせて                              「グリーンFリキッド」購入。ついでに予備のブクブクも

夜飯も喰わずにわたわたしてる飼育者をよそ目に長~い健康的な糞するシロ                    当然直ちに除去して                                                   0.2%塩入れる…うれしそうだ

また小一時間置いて                                                   グリーンFリキッド投入。約4mg                                           それを30分間隔で1/3ずつ                                               スゲー青色な水                                               流石のシロもこれにはびっくり。あわててる                                  しょうがないよお前病気なんだから…                                       これで一週間隔離絶食治療…治ってくれよ…

で…明日はサンクリなんです                                              ムチャクチャシロが心配だけど…                                               もう「やれることはやった」から…行きます

PS:尾ぐされ病だけで死ぬことはなさそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

硝酸カリウム

Rg162 といえば黒色火薬の材料ですが。コレ硝酸塩の一種です

昔は鳥とかのフンが堆積した硝石。もしくは便所の土から火薬作ってました

というわけで本日ようやっと亜硝酸1mg検出                                        喜んでる場合じゃないけど嬉しい♪                                         ようやっと水槽のろ過機能が活性化してきました                                           でもこれからが長いんですよね。こないだは二週間くらいで落ち着いたけど                           そりゃ…水槽の規模が違うからなぁ

水槽が落ち着いたら水作の活性炭フィルター除去したいです                               そもそも活性炭フィルターってあんま信用してないし

というわけで今週末はサンクリですが                                        妻に週末即売会で出かけると言ったところ

「あぁまだ即売会とか行くのか。すっかり『金魚飼ってるヒト』かと思ってた」だと                       うるせぇ。俺はこっちが本業だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

世情

Rg161 昨日実家に泊まって今日朝帰宅したら

アナ公が見事に全部引っこ抜かれてました                                        ちくしょう矢部め…

ていうか本当に跡形も無い                                                      あんなヒョロ長く育ってたのに…上の方とかナナメの方とか                             枝分かれした部分は細かく千切れて水槽中に巻き散らかってたけど                         茎の部分は溶けたなぁ…多分                                               小一時間ほどゴミ掃除&水換え                                              まだ亜硝酸検出されないなぁ…当分隔日で1/3水換えだな

街道筋の金魚屋へ行って新しいアナ公買って来て水槽にセット                             う~ん緑が強い                                                          そしてエサやり                                                        シロの成長が著しい。まだヒマなときは後ろの方で流されて遊んでるけど                           エサやりに水槽の前に立つとまっさきに前に出てきて「えさちょうだい!」                             ハラショー                                                             赤は案外おっとりしてる…ちょっと心配                                          でも執念深い性格のようで…大丈夫そうだ                                        しかも四六時中良い色のウンコしてるし。健康だ                                     コメットさんは…やっぱすごい                                                最初の2~3粒エサ食べたらもういいようで                                       あとは落ちてくるエサを口に入れては吐き出したりつついたりして遊んでる                          普通「畜生」って具合悪くなるまでエサって無意味に喰うもんだろ?                          不気味なくらい頭が良い

ところで亜硝酸は検出されずアンモニア(アンモニウムイオン)は相変わらず                     やや高めの数値ですが                                                   水作のフィルターがほんのり汚れてきました                                            水作が汚れていくのって…なんか嬉しいですよね?                                     がんばれ硝化菌

ところで                                                    水槽が落ち着いてきたので、夏コミケ向け新刊クラナド本「ごみ」ネーム開始                   う~ん…最低でも60は超える                                               つかまだエピソード転がり出してもいないのに20P超えてる                              今回(つかこの回)18禁になるかどうかびみょう                                   「そういうシーン」はあるんですが                                         「そこまで」描写する必要性があるかどうか…                                       演出上必要性があれば18禁になります

ところで

朝青龍が引退してしまいました                                             好きな力士だったのに…くだらない「価値観」のために

妻が中島みゆきの「世情」を歌っていました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

せたがやたがやせ

Rg160_2 今日帰宅してみたら「アナ公」が見事に引っこ抜かれてました

…やりやがったな矢部め                                                   けっこーヒョロ長くそだってたのに…                                          まぁ「アナ公」だからナナメにヘンテコに枝分かれしてたし                                  前の水槽あんま照明点けなかったから色抜けかけてたけど

まぁでも「アナ公」だから平気か                                               折れた所から千切って植え直せば多分大丈夫

そもそも「アナ公」は「金魚の非常食」的な意味合いで配置してあるからなぁ                      そういえば「アナ公」ってあんま金魚に食べられない…って書いてあったけど                       ウチのヤツラよく喰うぞ?                                                  最初は水草にあんま興味しめさなかったコメットさんも                                     今日はつついてたし

そういえば2                                                            「照明」                                                         以前ミニ水槽の時はワキンたちそろって「照明恐がってた」けど                            今は…まったく平気だなぁ?                                           これもやっぱ「世界がおっきくなった」から…?かなぁ

亜硝酸まだ検出されません                                               アンモニアは変わらず1.5ppm

って今日「テトラ」の試薬の取り説改めて読んだら                                    水槽のphが中性だったら「アンモニウムイオン」の状態で                                  無毒なんだってね?

とはいえ「ろ過」がまだ効いていないという事には変わりなし                              でも「ど初期」の水換えの意味合いって                                     「無毒化」よりも「phの安定」の意味合いの方が大きい…のかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

雪が降る

Rg159 亜硝酸はまだ検出されずそれが気がかり…

昨日「悪口」書いたからか                                       今朝のシロはちゃんと前に出てきてえさ食べてました                         うむ。感心感心

でもそれ以外のときのシロは                                 水槽の奥の上部ろ過機から出てくる水流に乗っては流され                    乗っては流され

水流に逆らって泳いでは流され泳いでは流され                      …の繰り返しです

やはりバカにしか見えん

それぞれがそれぞれに落ち着く場所が決まってきたみたいで

コメットさんは右奥上の上部ろ過機の放水口後ろの比較的穏やかな水面                     そこで頭を水面にくっつけてボーっとしてるのがお気に入りっぽい                              ヤツは体の大きさの割りにヒレがデカいからそこが楽なんだろう

赤は                                                             その右奥の底ヒーターとアナカリス植えてるところの後ろ                             そこにこっちにケツ向けてどっしり座り込んでます                                 水底に沈んで動かないのは…ちょっと心配なんだけど                                   10分おきくらいにのそのそそこらへん(20cm直径くらい)一回りするんで                      まぁ…平気?

デカは水槽を左右にゆったりと泳いで横断                                       二番目にデカいワキンもそれにつきあってる

矢部はアナカリスをつっついたりひっぱたり食いちぎったり…                            ヤツにそのうち引っこ抜かれるはアナ公は

二番目にちっこいヤツは                                                開き直ったのか場所換えしたミニろ過機の下の「以前のお気に入りの場所」に                 むりやり居座ってます。以前と違って前側にミニろ過機付いてて四方丸見えなのに                      もう「そういうこと」にしちゃったみたいです

明日は雪が積もってもしバスが動いてなかったら歩いてカイシャまで                       いかないといけないので                                                         今日は早く寝ます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

観察結果

Rg158 「プロジェクト60」結局ダラダラと続行中                                 水作りから…になっちゃいました

アンモニア濃度1.5ppmあたり…                                 でも昨日から3回えさやりしましたけど濃度変化特に無し                       (測定できる精度内では)                                    隔日…で換水のほうがいいだろう

でもちょっと安心した事

今日試しに「水槽の真ん中あたりの水質」と                                       「ミニろ過機から出る水の水質」を比較したところ                                   明らかに「ミニろ過機」から出る水の方がアンモニアが少なかった                           一応機能しているようだ                                               亜硝酸がまだ検出されていないところがやや気がかりですが                            金魚たちに異常はまだ見られないので…様子見です

んでもって                                                         当初一番心配していた「いじめ」                                           つか「ワキン」と「リュウキン」の運動能力の差…ですが                              これはあっけないほどに心配無用でした                                         むしろ楽しく一緒に泳いでます                                                つっつきまわす…ような気配無し

えさの獲得については…                                                  じつはこれが…

「いじめ」とか全然それ以前の問題がありまして…

ワキンたちは…前は人影が水槽に近付くと                                     激しく「えさちょうだい!」してましたけど                                      なんか「態度」が完全にリセットされたみたく                                     特に反応しなくなった

まぁ多分「水槽デカクなった」ので…                                      「水槽の中の世界」が大きすぎて「水槽の外」の世界が余り気にならなくなった                  …のだろう

これは良い事です                                                    細かい「音」やなにかにいちいち「ストレス」感じさせなくなる事が                          当初からの目標でしたから

一昨日(まだコメットたち三匹だけの状態の時)はエサが探せずに                            右往左往していたやつらですが

今日も「えさ」が水槽に入ると瞬時に反応します

ワキンたち四匹は「えさとはどういうものか」思い出したようで                         ちゃんと水面まで上がってきます                                            コメットさん(こういう名前にした)はそいつらと一緒に行動                                コメットさんは頭がいい、ちゃんと学習しました

ところがリュウキンの「赤」と「シロ」(こういう名前にした)は…

相変わらず一昨日初めてえさを口に出来たところあたりで大騒ぎ                           まぁ「一昨日の場所」は、ミニろ過機の水流と上部ろ過機の水流が                        丁度出会う「取水口」の真下だから                                           流されてきたえさが落ちやすいばしょなんですが…

「えさが入った!」から後の発想が拙い

ワキンやコメットさんは「えさのにおいの方向」を感知して向かってゆくですが                    「赤」と「シロ」は                                                  「ここにえさがあるはずよ!」とまったく見当違いのところをわさわさと…                            「過去の自分の経験」を覚えているのは…感心なのですが                                   固定観念にとらわれてる                                                  ここらへんなんか「人間」でも…同じ事だよなぁ                                 「成功体験」に縛られて結局失敗…っつー

でも「赤」はまだまし                                                  10分もして「もうここにはえさはない」と判るとシマ替えするから                   「シロ」は…ほぼ一人祭り状態だな                                             コイツが一番バカだ…

今まで一番ヘタレだった「デカ」は                                              デカイ水槽が嬉しいらしくス~っと水槽の左右方向に悠々と泳いでます

二番目にちっこいヤツは                                                 昨日まで前の水槽の左隅の「落ち着ける場所」が無くなったのをわからずに                       その近辺を落ち着き無くうろうろしてました                                        今日は「あきらめ」がついたようで他のヤツラと一緒に泳いでました

水槽リセット→生体投入から明日で四日目                                        そろそろ亜硝酸検出されるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »