« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

爪の先ほどでも…想うては下さらぬか

Rg473 「江」は視聴率的にイマイチなそうで

叩かれてました。「リアリティに欠ける」とかで                                  寡聞にも大河ドラマに「リアリティ」なんか求められてるとは知りませんですが…                なんせ「福山竜馬」にリアリティが有るのか?配役自体が荒唐無稽じゃねぇかよ                     とか思いますが観てないものについてはこれ以上はいえません

ただほぼ同じ「リアリティが無い」と言われてた「篤姫」が                           「だがそれがいい」とほぼ同じ内容のことを褒められてたので                        結局は「数字」に対する「説明」でしかないんですね

というわけで今日のお話                                              いやもうやっぱ「大地康雄」に尽きるんですが                                    ここはあえて鈴木保奈美                                                今日の表題のセリフ言われてハッとするあたり…何回でも観たい                         ああゆう所が観れるのが「大河ドラマ」                                       歴史上の人物が僕達と同じような感じ方をする                                 こういう時間の流れと心の流れ                                       「だから…こうなった」が観れるのが大河ドラマだと思います僕は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

大人の階段登るキミはまだシンデレラさ

Rg472 昨日「ロリ体型デカ尻」とか描いて

ふと「ふつーの体型描けるのか?」って心配になって今日は普通                       いやまぁ体型に凝れるほど画力がありませんので

ところで稚魚                                                   かなりデカくなってきた。3~4cmほど                                           オレンジ色になってきた奴。黒ブチになってきたヤツさまざま                         大抵は母親のデカに似て丸々太ってる                                       まだ小さな口パクパクさせてたり胸鰭一生懸命プルプルさせてたりして                   この世の者とは思えないほど可愛い                                       しかもこのごろえさに対する反応に変化が見られる

先週くらいまでは人が来るととにかく逃げる                                   えさを水面に撒いてもしばらく気が付かず落ちてきたえさに反応                       ようやく水面まで上がる…こんなカンジ                                   今週くらいからは人が来たらやっぱ逃げるけどすぐ落ち着いて                        それから水面をソワソワ。もしくはこっち向いてパクパク                           えさが落ちると直ちに喰いに走る                                       ようは大人の金魚と同じ反応                                            この反応示せてる奴はもう「稚魚」ではなく「幼魚」ですね                           アカヒレのえさから幼魚のえさ(浮上性)へランクアップして大丈夫そう                  飼育の方も「大人並」ですな

ミニキューブの十匹(よくよく数えてみたら十匹居ました)は全員おk                        プラケースの5~6匹も大丈夫                                        プラケースは4cm級の一番デカイのとあとは2cm級のやや小さめだけど大丈夫そう                 そいつらで5~6匹

残りの3匹が問題                                                    もうすぐ生まれて2ヶ月になろうというのに未だ1cm程度の糸稚魚                         えさに対する反応も鈍い…つかアカヒレのえさマトモには喰えてない                         多分底に溜まってふやけたの拾ってるんだろう…一応糞はしてるし                            でもこれだけ経ってまだこの大きさってのはある意味畸形ではある                     浮上性のえさに変えたらこいつらはえさが取れずに死ぬかもしれない

どうするか…悩みどころ                                               残酷な決断をしなければいけないのかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

ヴォルドーの罠

Rg471 ちょっと前のマイブーム「爆乳」

そのあと「微乳」                                                  今はロリ体型下半身○ブがマイブーム                                            振幅が大きいなぁ自分ながらに

ところで昨日はカイシャの呑み会で                                         オシャレなイタメシ屋貸切でマグロのカラスミとか喰ってました

酒がビールとワインくらいしかなくて                                       「ワインじゃなぁ」とか思いながら赤ワインカッパカッパ呑んでたら                        記憶が飛びました                                                    気が付いたら朝四時布団の中                                          こんな状態でもちゃんと家に帰れるのが俺の凄い所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

今日家の人誰も居ないの…

Rg470 もうそろそろ大丈夫かと思ってまた上部にストレーナー付けたら

また産卵しやがったウチのアホウ共                                      上部も水作もキレイにしたのに…また白濁                                   この冬何回目のセ○クスだ?もう数えてないけど

ところでマルフォ~水槽                                               今日水換えしようかとしてふとヒーターの裏側に目が留まった                         マルフォ~水槽のヒーター。センサーとカバーが一体になった                          トランプ大の長方形で裏側が良く見えなかったんだけど                            ヒーターの裏側がなにやらものすごい事に

かつてのカボンバの枯葉やら糞やらなにやらが詰まってヘドロ状態に…                      シアノバクテリアっぽい濃い緑の固まりになってる                              ビックリしてすぐ撤去してから水換え

う~ん。L型の背中白ハゲやらなにやらの「水質悪化」っぽい症状の原因って                 これだったのかなぁ…

そういえばマルフォ~水槽の水草                                          謎の水草は多分ハイグロフィラ                                        もうすっかり巨大化して水槽背面埋め尽くしてる                           でもコケむした葉っぱは落ちてきてるなぁ                                カボンバは案外凶暴なマルフォ~達に食い荒らされて                             もう水槽には居ません…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月23日 (水)

あのでっかい掃除機は何でも吸い込んじまうぜ

Rg469 穴が有ったら俺は出たい

今日は昼メシも喰わずにビリバリ働いてヘトヘトになって帰宅して                                プラケースの糞掃除

…してたらうっかり稚魚1匹吸い込んじまった!                                 2cm級のややデカ目のヤツ                                            吸い込んで排水用バケツでプカ~                                          死んでたOR死んだ…?

かと思ったらなんか生きてるっぽい。時々泳ぐ                                 さかさまのまんま

とはいえ…やっちゃった                                                 でもなんか「外傷」も見えないし…もしかしたら

でプラケースに戻す。しばらくプカ~っとしてたり水流に流されてたり                    ひっくりかえったまま泳ぎ出したりしてたけど                                      十分後またプラケースを観察すると普通にしてる

ビックリしてただけなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

奇跡などではない

Rg468 マルフォ~L型の背中の白ハゲ、イソジンでも治りました

…何だ?コリャ??                                                でも「水換え」ほどには良くはならん。何だろう?                                 今度は週末に「塩水のみ」やってみます

そして                                                             今日奇跡的に早く帰れた(とはいっても一時間以上はザンギョウした)ので                    一念発起して                                                     次回コミ1合わせリトバス本「情熱の薔薇」下描き完成                              3月からペン入れに入れるよう準備しよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

武将の気持ちで嫁ぐのじゃ

Rg467 今日本屋で船の本買った

いやまぁ軍艦。「護衛空母」の本                                          プラモの本ですが…プラモ造らんですが…資料的に良さそうだったんで                   しょっぱながカサブランカ級「ガンビア・ベイ」日本では一番有名ね                       大和に砲撃で沈められた(…という説も有る)船だから

というわけで今日の江                                                   いや岸谷五郎だな今日は                                            上野樹里とばったり鉢合せ…も                                        「非公式の場」と「公式の場」では態度が全然違う                                特に後者の時の「無表情」さが…う~ん重い

あと柴田勝家の大地康雄がいいね。つか俺が「考えてたとおり」のキャラ創りっぽい                …いやまぁ誰でもそう考えるでしょうけど

次回のタイトル「初めての父」ってのもなんかいいなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

経過

Rg466 水換えしたらマルフォ~L型の背中の白ハゲ治りましたやっぱり

でも治りが中途半端。二日経ったらまたなにやら…                               だから明日は「イソジン」単独でやってみます

ところで次回コミ1合わせのリトバス本「情熱の薔薇」下描き終わりが見えてきました              とはいえ亀より鈍い最近のペースだから                                        下描き完成は2月末予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

赤い玉の伝説

Rg465 精液ガビガビですぐ目詰まりする上部ろ過機のストレーナーパイプ

そろそろ中坊のサカリも収まったかな…と思い                                   上部ろ過機の掃除も兼ねて再装着する…                                      そしたらヤツラまたサカリ出しやがって…今回は「二番目&矢部」で産卵した模様            …まぁもう稚魚は今居る約20匹でもういっぱいいっぱいですから…親魚のえさに

しかもまたすぐにストレーナーパイプ目詰まりしたからまた外しました                        今春いっぱいは無理かなぁ再装着は

ところでマルフォ~L型の背中の白ハゲ                                          また出てきました…やっぱ原因は背中出して寝てるからっぽい                           まぁ「白ハゲ」って言っても本当に白くなってるほど酷くは無く                         真上から見たら単なる充血。角度によって白く見えるだけ                                だけど…ここで考える

前回前々回                                                    L型をイソジン浴させて0.1%塩水浴で治した…でもすぐ再発                          対策を「切り分けて」考えた方がいい                                     効果の有った手段が「イソジン」なのか「塩水浴」なのか「水換え」なのか                     三つの組み合わせで効果が発揮された…とは考えづらい

「イソジン」ならば原因はともかく「細菌」がからんでる                            「塩水浴」ならば…単なる肌荒れ                                         「水換え」ならば「虫」と「ろ過能力不足」も疑われる

なので今日とりあえず多めに換水                                         一晩様子見て次の手を打ちます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

久しぶりに調教してやる

Rg464 久しぶりにバイクに乗りました

ここんところ体調崩してたり雪降ってたり                                     あげく国家機関から公共料金払うように赤紙が来たりで…                        乗ってませんでした

いや~エンジン掛らねぇわ掛らねぇわ                                          チョーク引いて(エイプにはチョークが有るのだ)苦労しました                        いやでも「エンジンに火が入る瞬間」ってキモチイイですね

このカイカンのためにバイクに再び乗ってるんだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

こんな事は計画には有りません統制官!

Rg463 帰りのバスで座ってウトウトしてたら

家の近所の下車するバス停の手前で突然背後から近付く人影                          妻でした                                                     平気な振りして「なんだ乗ってたのか」とか言ったけど                                 内心モノスゲービックリして心臓バクバクでした                                  「居るはずの無いヒト」が居たんだから…ビックリした

それはそうと三日前から水カビでメチレンブルーに漬けてた稚魚が★                 …昨日までは元気だったんだがなぁ…                                       死因は水カビかメチレンブルーか空腹か                                     今となってはもうわかりません                                           生き残り稚魚は20匹割りました                                          そのうち発育不良が5匹…どうなるか

水温上げたらプラケースの水カビも収まりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

メインタンクブロウ

Rg462 マルフォ~L型の背中の白ハゲ

なんとなく原因がわかった                                               ヤツは夜寝てる時なぜか水面に居る                                        そして背中が水面から出てる、丁度白ハゲのあたり                                それで夜のうちに背中が乾いて肌荒れしてんじゃあねぇの?                         う~ん背鰭の無いらんちうならではだなぁ

それにしてもマルフォ~は本当健康優良児揃いだな                               病気らしい病気もしないし(N型は虫刺されあったけど)                            長~いウンコいっつも引きずって泳いでるしな                                 ちなみにF型がメスな事は確認した。ケツ見て

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

ヒューズ

Rg461_3 妻が電気のブレーカーぶっ飛ばして家中停電

下書きの日記が全部消えちまいました                                 一時間かけたのに…

以下思い出してみて書き直し

プラケースの稚魚にまた1匹水カビでモワモワなヤツが                              メチレンブルーバケツ作ってそこへ隔離

あと今日の江

羽柴側がいいなぁ「悪」そうで                                        「お館様の仇は…わしが取る」あたりが好き                                二年前の笹野高史は「晩年」のための配役だったけど                          今年の岸谷五郎はここらへんのため?

上野樹里の「天下泰平」にこだわる…                                     今年はこういうお話か                                                なんせ300年の天下泰平の礎を作った将軍の鬼嫁だからなぁ                          春日局との確執とかまで描くのかなぁ?

あと「明智光秀=天界僧正」という説も有るんだけど                                 さすがにそこまではやらなかったなNHK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

閃光のハサウェイ

Rg460 プラケースの稚魚で1匹片方のエラブタが取れてるヤツが居ました

多分移動の時俺がやっちゃったんだろう…                                 で、特に可愛がっていました(何したわけでも無いけど)

そいつが昨日夜異変                                            フタの無いほうのエラに水カビがみっしり生えてました…!                                 水面でパクパクして…呼吸困難な様子

そこで…本来稚魚には無体な「治療」                                        そいつをコップに取ってメチレンブルー(グリーンFリキッド)かます                         10分くらい泳がしたあとメチレンブルーごとプラケースへ                              もちろんプラケースは掃除して1/3水換え                                       稚魚にはキツいかもしれんが…仕方ない

そして今日朝                                                        まだ生きてた。えさも喰う                                                でも今日は水面を暴れ回ってる…

結局帰宅したら事切れてました…享年40日                                      今日生きてたら昇温治療しようと思ってたんだが…                                どちらにしろ水カビを何とかせんと                                       だから昇温します明日。あとプラケースはこのまま「極薄めのメチレンブルー」                   状態を維持しよう

ミニキューブの方はえさ少なめにしたら水カビ収まりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

俺はまだ何もやっちゃいないんだぞ(ハタリ)

1 プラケースで稚魚が一匹横たわってます

死んでる…?                                                     でもつつくと逃げる…まだ生きてる                                          でも…どう見てもアカン

ここは…「死体」になって他の稚魚の迷惑もとい悪影響になるのを避けるべく                  …出来ない…だってまだ生きてるし

「親魚」なら「隔離」やら「イソジン」やら色々やりようもあるけど                            稚魚じゃ…何も出来ない。見守るしかないのかコリャ

そういえばマルフォーL型がまたしても背中に出血&白ハゲなので                          昨日換水してイソジンかまして0.1%塩水にして朝えさぬきしまして                           一日で治りました                                                      う~ん何なんだろうなコレは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

300隻の艦隊がたったの20隻に…!

Rg459 稚魚の「降格問題」どうしようかと思い

結局バケツの方をプラケースに昇格させました、多分密度的には大丈夫だろうと                  結局今現在ミニキューブに8匹プラケースに12~3匹です                              ムチャクチャ減った…orz                                        しかもどうもヤバそうなヤツがプラケに何匹か                                     ていうか一ヶ月以上たって今尚「糸稚魚」じゃぁ…ダメだろう                            ミニキューブの8匹は日に日におっきくなるんだけどなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

大人の都合

Rg458 プラケースの1cm級が1匹★

この大きさになると魚っぽくて…ちょっと悲しかった                                う~んやっぱ水カビによる水質悪化…かなぁ?                                   そういえばプラケースのヤツラ「水カビ地帯」の対角線上の                           一番離れたところに居るわそういえば                                       水換えの頻度増やしてえさ減らすしかないか

そういえば今描いてる夏合わせのクラナド本                                  ようやっと枠線まで引き終わったけど                                       ここで「大人の判断」で一旦中止                                           こみ1合わせのリトバス本「情熱の薔薇」下描きに移ります                              色々とやばそ~なカンジ…ですからねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

天気晴朗なれど波高し

1 体調がすっかり回復したので

チョーシコイてシゴトし過ぎた。あやうく午前様だyoアブネェ

そういえば稚魚水槽の水カビがどうにもガマンできずに                             家に帰って今さっきカビ取りした                                              まぁまだ水底でモヤモヤしてるだけならいいんだけど                               下手に稚魚の体にでも取り付こうもんなら簡単に全滅しちゃうだろうしな、稚魚

対策法はえさの投入量減らす事と底砂利敷く事と浮上性のえさに変えること                    でもまぁ…まだ時期尚早かなぁと

あんま根拠無いけど生後二ヶ月くらいまでは今のままと考えてます

それまではベアタンクで「赤ちゃん飼育」でガンバリます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

旅順港を封鎖せよ!

1 稚魚のえさをアカヒレ用の極小粒に変えたら

喰い残しが底に大量に溜まるようになって                                        一日で水カビでボワボワになる…どうしたもんか                                 稚魚は稚魚なりに知恵はあるようで「喰えるえさ」と「喰えないえさ」は                      判別できてるみたいだけど…まずそれが問題…あと

プラケースの問題は                                               3cm級のでかいヤツとそれ以外の「体格差」                                 3cm級はアカヒレのえさふつーに喰ってる。1cm程度の5匹くらいも                  ただそれ以下の一ヶ月たってもまだ「糸」みてーなちっちゃいヤツラも居て                    ソイツらアカヒレのえさ喰えてないみたい                                      反応はしてるんで安心してたんだけど今日見たら突っついてるだけみたいだった                柔らかい小粒なんだけどなぁ                                           そこで粉えさの「ひかりパピィ」を入れてみる。今度は喰えてるみたい                          う~んでもこの「体格差」はよろしくないよなぁ                            今度の休み(木曜日)に水カビ取りと一緒に「糸稚魚」は2軍バケツ行きにするか                 2軍選手ももう一度体格調査してよろしければ昇格させよう

あともう一個のミニキューブ水槽にも問題が…                                  ミニキューブ水槽のデカ目の8匹                                           なかなか水面に上がってこない…理由をよくよく考えて…判明                          ミニキューブ水槽は水面の面積が小さいのだ。その分水深はプラケースよりある              縦長なカタチなのだ                                                             そして水作Sのアブクで水面が結構波立ってる                                      

ミニキューブとプラケース、どっちにも「イミテーション水草」入れてある                (稚魚の心の安静のため)んだけどミニキューブ水槽のヤツの方がでかい                    ソイツが水面覆ってるんだったそういえば                                        まぁ水面から隠れられて落ちてくるえさだけ喰ってる生活の方がいいのかもしれんが                それでは…大きくなれんよキミたち                                     ていうかキミたちが拾いそびれたえさが水底でブワブワカビカビになるんだよ

というわけで対策                                                     まずミニキューブのイミテ水草を半分にぶった切る。百円だから惜しくない                      セッティングして…まずまず                                              そして水作のアブク対策で…辺りを見回して使えそうなもの探す。「波消し」用に                         以前とあるHPで「波消し対策にストローを使って防波堤にした」って記事を読んだ                      ソレを思い出すもウチにはストローは無い。俺も妻も直呑みが好きなのだ                  あと定規とかなんか薄い「枠」だとか…                                        見渡してみてふと目に留まった「メキシカンハット」                                   「メキシカンハット」という商品名の「イトミミズ入れ」                             去年デカ達にイトミミズ喰わせてやろうとして買ったんだ                                結局ヤツライトミミズにビビって殆ど喰わずにソレ一回きりで仕舞い込んでた

その「メキシカンハット」直径8cmくらい…防波堤にはちと…                            でもそこで「発想の転換」                                              稚魚たちの「安全地帯」を作るんではなく「アブク」だけをそこに閉じ込める…!                    早速実験                                                     水作のアブクが立ってるあたりを見定めてメキシカンハットをキスゴムで固定                     通常の「逆向きコーン水面下」ではなくまっとうなハット型に立てて                     ハットのヘリを5mmくらい沈めるだけで水面に三角柱のハットがそそり立つカンジで                 パッと観競艇のコーナーパイロンか?ってなカンジで異形だけど…

アブクの波が見事に収まった!穏やかな水面!                              アブクはハットの中で完結してる!成功だっ!

まぁ「酸素供給」的には退歩なんだけど稚魚のうちは酸素消費量も高が知れてるし                   酸素がいっぱい必要になる頃には波立ちなんぞ気にせずえさ喰うだろう

成功に満足して今は稚魚を「その状態」に慣らしてます                                  さぁちゃんと水面に来てえさ喰うようになるかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

殿…お手が静まってございます

Rg457 今日一日大人しくしてたおかげで風邪は治りました

ナサケナイが仕方ない。次頑張る

というわけで今日の江                                                凡人が天才を理解できなかった所、天才が自分のミスを瞬時に理解して                     受容れる所、しっかり観られました

けどやっぱトヨエツ信長って…「つきぬけたところ」が無かったな                       まぁ今回の描写の主眼が「ステキなオジサマ」だから仕方ないのか?                      でもここしばらくで最も喰い足りなかった信長だなぁ                               森蘭丸役の瀬戸康史がむしろ光ってた。カッコ良かった                             最近のイケメンってスゲェなぁ

ところで光秀の丹波一国→石見って史実?そうだっけ?                            でもそうだとしたら「石見銀山」って当事世界一の銀山だから                          たとえ「今の敵地」とはいえ「最重要抜擢」なんだがなぁ光秀さん                        でも国内にしか目が向いてなければ銀山の価値は理解できないのかな?                       ここらへんウィキで裏とろう

さて家康の伊賀越えにご同行している上野樹里ですが                             伊賀越えってかなり面白い逃避行なんだけど一瞬で終りそうですね次回                       あそこで家康は服部半蔵と知己を得るって説も有るんだけど…まぁ仕方ないか

ところで今年の「江」の全体のペース配分ってどんなもんなんだろ?                       今後山場と想定できるのが                                             ①佐治一成(OR秀勝)との結婚                                                ②秀忠との再々婚                                                       ③関ヶ原                                                       ④大阪の陣                                                            だけど                                                      けっこう一気に行っちゃう気がする

なんせ今年12月の「坂の上の雲」がクライマックスだからな                             日本海海戦で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

断・空・我

1 さりげなく昨日も発熱で寝込んでました

普段無駄に元気なのだけが取柄の中年に39℃近いヤツはキキました                            でも仕事は休まなかった(休めなかった)

今は…何とか熱は下がりましたけどまだ体調ヘン

なので本当に申し訳ありません

明日のサンクリ欠席させていただきます。

「欠席」って初めてかな?前にもあったかな?                                      まぁどっちにしろ新刊も無いし                                             カゼ菌撒き散らして周囲に迷惑かけるのも忍びないので…ごめんなさい

もし気が向いたらオレスペースに「バカは逃げた」とか殴り書いておいていただければ                      幸いです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

不覚

Rg456 マルフォ~N型にまた赤い斑点

あとK型長胴型のしっぽになにやら白いもやもや…                               これ…もしかして「コショウ病」「サビ病」とかいうヤツかなぁ                               ウーディニウムとかゆー虫の寄生                                        やっぱ「ろ過」が上手く行ってないのかも

今日マルフォ~水槽の外掛け式ろ過機洗いました。あと濾過槽の見直し                     今までボール・リングろ材をくるむようなカンジでウールマット入れてたのを                     吐水口をつつむようにウールマット敷き詰める                                           物理ろ過能力の強化になればいいが

「サビ病」だとすると治療法は「白点」と同じでいいらしいので                             ちょっと研究してからやってみます

あと今日                                                          近所のホームセンターへ行ってちゃぶ台買ってくる                                今まで地べたに置いてあったプラケースを載せるため

あとデカバケツ1・2ともどもお役御免                                      デカバケツに居た大き目の稚魚を網で掬ってミニキューブ水槽へ入れる                 なかなかに苦労したけど中々に大きいヤツも居た                                ミニキューブ水槽に本水槽で醸造してあった水作を入れる

ミニキューブ水槽には2cm級のヤツラ8匹                                   あとプラケースには3cm級を筆頭に大小さまざま10匹くらい                          今日からアカヒレ用のつぶえさをあげ始めました                                 小さい口でちゃんと喰って小さいケツからちゃんとウンコしてて                           ちゃぶ台に乗せたおかげでよく観察できます!

デカバケツの残りの1cm未満の発育不良なヤツラはまとめて5ℓバケツへ                       スポンジフィルタ付けて完了                                                 5ℓバケツには何匹居るのか数えてないけど…10匹は居ないんじゃないかな?                 コイツラはまっとうに育てるのは難しいだろうけど「育児放棄」はしないです

それにしても生存率1/10以下か…                                         でも「人工餌には小さい容器」の基本で次に繋げます                               …「次」って…いつ?

そして                                                              さり気なく二日間寝込んでました。カイシャには行ったけど                            結局今週末のサンクリの出し物は出来ませんでした…orz                        久しぶりの新刊無し                                                    ごめんなさい。最近平日は殆ど作業できないんですよ

そしてこういった状況を鑑みて                                           今年前半はあと「こみ1」と「夏コミケ」のみの参加とさせていただきました                    4・6月のサンクリはスルー                                                ごめんなさい「現実的」選択です

でも                                                               夏コミケ向け新刊クラナド本「三日月の憂鬱」下描きようやっと完了                          予定ではこれ1月末に終らせてサンクリ向けブツ出すつもりだったんだよネェ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

鬼の霍乱

1 今のウチのカイシャに入ってから勤続十周年でした今日

でもってそんな日に…                                                  なにやら体の節々の痛みと冷えと寒気とハナヅマリと                                まぁ「風邪」です。4年ぶり

今日はまっすぐ帰宅しました。悪い事せずにおとなしく寝てます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経験という名のタトゥー

Rg455 一番デカイプラケースの稚魚。もう2cm近く

丸々太ってるんだけど…ムチャクチャ臆病で                                  他の稚魚が水面でえさ喰ってても下の方に居る。俺が立ち去るとス~っと水面へ                   近付くと大パニックで逃げ回る…う~ん流石デカの子

稚魚はもう50匹居ません。その一番デカイやつの他に5匹くらい2cm級                       あと1cm級が10匹くらい?残りは…ぜんぜん大きくならん                                 ずいぶんと減った…

今回始めての稚魚育成(それもなんの前準備も無しに)そこで学んだ事                  初手からの「人工餌」での養育で…

まずは「人工餌だけでも大丈夫」

ただし「むずかしい」                                                   多分…多分なんですけど                                                 プラケースが他のデカバケツより生存率が高かったのって                         「容積」と「ろ過機」によるんじゃないのかな

デカバケツにはちっちゃいスポンジろ過機が一つだけ…明らかにキャパオーバー                それだからかなりひんぱんに水換えやってたけど…追いつかなかった?                     それとも稚魚に負担かけてた?

そしてプラケースのろ過機は水作S…まぁ能力的には充分                               ただ水作は醸造に2~3日しかかけてなかった。スポンジろ材は一週間                      どちらも醸造(硝化菌の)には不十分な時間だったけど                          デカバケツは最初から稚魚の員数パンパン。プラケースは最初一週間は2~3匹だけ                        その間に水作は醸造完成…したのかなぁ?

あと「容積」これは「えさ」の問題

プラケースはちっちゃいから、えさすこしだけでもケース内にまんべんなく広がる                 デカバケツには…そうもいかん                                         かといってあまりにも大量にえさ入れると水質悪化が恐いから…

稚魚の遊泳能力はものすごく低いです。ダッシュはかけられても長時間は泳げない                 人工餌がまんべんなく存在しないと…えさが発見できない稚魚も出る                             しかも稚魚には経験も無いからえさが探せずに…かなぁ                              知恵が付いてきてスポンジフィルタに集まってこれたヤツラだけ生き残ったと

これが天然えさだったら…ミジンコとかフラフラ自分で泳ぎ回るから                            間の前通り過ぎるミジンコを稚魚はダッシュして喰えば良い…と

だから人工餌で稚魚養育するんなら飼育水槽は10ℓ以下の小さなケースで                      やらんとイカン…と思う                                                しかも丈夫なワキンの稚魚でもコレだから…むずかしい                               でも…面白い                                                          ★になった稚魚には本当もうしわけないんだけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »