« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月28日 (金)

予想

戦コレ
最終回の予想

義元との最終バトル
…など当然無く

信長と光秀の日常

信長がわがままで
色々な要求を光秀に言う

光秀は
「…はいはい」とか言いながら
無難にこなす

ため息「…はぁ」

…でも
「…しょうがないな」と

そういった「日常」を
延々と

そうして
ある意味「つまんなく」本編は終わって
いつもの後期ED(好きなんだ)
いつものように流れていって…お花畑のお昼寝
あのお昼寝って
信長「目」が映ってないんだ…実は

んで最後にお昼寝で光秀が目を覚ます

信長も目を覚ます

二人同時に
「…おはよう♪」

俺ならそういう「最終回」に
する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

M・J is going

ウチのカイシャってなんかヘン…

いや中小でオマケにオーナー会社だったらこんなもんか?

シャチョーさんのオススメで
「職人のシゴトを参考に観て来い!」と
東京現代美術館の
「特撮展」見に行かされました
カイシャの経費で研修で

んでもって
…いやまぁ
個人の出費で行ったなら「カネ返せ!」ですが
研修でカイシャ持ちならいいか…
いやその後直帰していいにもかかわらずシゴト終わってなかったから
カイシャに戻って午前様だから
「時間返せ!」だな

なんというか「日本特撮の悪い点」ばかりが目立ってた
「演出」に拘らずに「セット」に拘るって点
「平成ガメラ1作目」も
基本良い映画だと思ってるし好きなんだけど
唯一気に入らないのが「特撮シーンの演出」だからな

あの「巨神兵」の映画
なんつうか彼の30年前に作った
自主制作映画「帰ってきたウルトラマン」からなんも進歩してない
「帰ってきた」は「30年前に自主制作で創った」にしては
ものすごい完成度だったんだがな

良かったのは撮影模型の
タックアローとスカイホエールついでにコンドル1号

M・Jについて
やたら扱いがデカかったのは「センセイ」のシュミだよなきっと

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年9月25日 (火)

総括:わたし気になります

「氷菓」先週のが最終回だったんですね

やっぱり

いやまぁ「それっぽ」かったから
予告編無かったし

でも今日改めて知った
いやまぁ…
良い話で「あれ」が最終回で良いとは思う
今まで「最終回べた」だと批判していたけどゴメン京兄

でも
わかりづれぇよなぁ
何せ「裸」で見ちゃってるから
リアルタイムで観てたなら「最終回です」的な何かがあったのかもしれん
本編以外で

まぁでもなんにせよ
良かったです「氷菓」
「天と地」が極端だったクラナドよりも好き

んで「欲求不満」のはけ口として「古典部」シリーズ読めと?
う~む…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

私は父上にはなれん

今日の清盛

いやぁ「お公家様」演技がすばらしいな響鬼さん
お歯黒も良く似合うし

今日は重盛と時忠のお話でしたな
重盛の無念は…伝わるなぁ

V6森田はなんでああも方をいからせて猫背なんだろうか?
役作り?

そして次回はその平時忠の歴史に残る名台詞
「平家にあらずんばひとにあらず」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

燃えてきた!

戦コレ25話

う~ん
ぶっちゃけ「何言いたいのか」わからんかった
後半「釣りキ○三平」みたいだったし
「絶頂」シーンは味皇様みたいだったし

卜伝ちゃんは良かった。番組として成立してて
「かっぱ探索」が

んでもって次回最終回か
タイトルが初めて日本語
「戦国コレクション」たぁ、俺的にはグッとくるネーミングセンスだ
「新カット」が一切無い予告編も好きだな

でも
色々と「積み残し」が多そうな…気もする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

今年のプチ計画

久しぶりにウチの金魚の話でも

先月義理姉に稚魚六匹を引き取ってもらえた
その義理姉の家の飼育環境は
60cm水槽にエーハイム2213ダブル装着という超環境
まぁ予算がふんだんにあったからね
立ち上げ作業など全部やったが
やっぱ「新規水槽立ち上げ」は何回やっても楽しいもんだ

そして我が家の環境として
家に今残ってる去年冬生まれの稚魚は15匹
そのうち今「変形30cm水槽」に入ってる5匹

①貞治:10cm級」くらいにまでなった。片方黒目でドロボウヒゲ。
②水作:水作の中で生まれたヤツ。8cmくらい。
③ドチビ:5cmくらい、一番食欲旺盛だがなぜかちっちゃい
④デメ子1:多分デメコabの直系だけどデメキンにならなかった。黒い
⑤デメ子2:同上。デメキン同士の子でもデメキンにはならなかった

以上五匹を60cm水槽にて永続飼育
環境として「60cm規格水槽」「60cm二段ラック」「リングろ材」を
通販購入した。まだ来てないけど多分週末には届く

ろ過機は上部。実は先月の義理姉家金魚飼育環境作ったとき
エーハイムダブル環境にしたおかげで水槽セットについてた
「上部」が余ってたのだ。「手間賃」代わりに貰ってた。タダで
そして去年の「金魚部屋計画」時に照明をLEDにしたから
これまた余ってた60cm用二灯式ライトを使用する
サブろ過機にはこれまた手持ちの「水作M」これで完璧

この水槽を新規購入の「二段ラック」の下に設置
上は空けといて、今年冬マルフォ~達に「繁殖」させて
その後産まれた(産まれる筈)のらんちうの育成→飼育用にする
今年マルフォ~は一回盛ってた(卵も目撃した)から
大丈夫だろうて

んでもって残り十匹の稚魚(畸形)は…

もう一個60cm二段ラックを買って「上」は「水換え用衣装ケース」用
衣装ケースは60ℓくらい入るデカさで強度的にもやや不安なのだが
ちゃんと「乗っかる」ならあまり問題ではないだろう
永続的に水が入ってるわけではないのだから
今回買う「二段ラック」で検証後もう一個買うつもり

この二段ラックの下に…とりあえず今は「変形30cm」に
十匹詰め込む。狭いが今の「プラケース」「ミニキューブ」
合計水量より多いから…まぁしばらくは大丈夫だろう
緩衝材(今変形30cmで使ってるスノコ)かまして
今変形30cmで使ってる「外掛け式」「水作S」の環境でしのぐ

そのうちセコハンで(リサイクルショップなんかで)
「60cmクラス」の容器がせんえん以下で変えるならそれにチェンシ
60cm水槽がその値段で買えるチャンスがあればその方が良いんだが

超将来的には
60cm二段ラック二つで
上は「らんちう」下は「リュウキン・デメキン」で
左右で「♂♀」区別した環境にしたい…つかそうせざるを得ない
明るい家庭計画のために…さすがにこれ以上は増やせん

①90cm二段。上和金♂。下和金♀
②60cm二段。上らんちう♂。下リュウキンデメキン♀
③60cm二段。上らんちう♀。下リュウキンデメキン♂
④60cm二段。上水換え用容器。下その他雑居房

これがウチの金魚飼育環境の最終到達点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

ここを紹介したかったんです

あの
ごめんなさい
昨日「ふつー」とか言っちゃって
氷菓22話

今日シゴトしながらしみじみ思い返すに
やっぱ良い話だったよな…と

ああゆう「ハレ」の場でのおとこのこの「カン違い」
いいよな

肝心なのはやっぱ
ラストのちたんだ

色々と気の付く良い娘
良家の子女

だけど彼女の一生はもう決まっている
自分の進むべき道ももう決まっている
多分「その通り」になるんだろう

けど

齢16にしてもう「人生の全てがわかっちゃってる」ってのはどうだ?
そんなのつまらなくないか?

あのラストの場面のちたんだの台詞全て「泣き言」

ここに居る「だけ」の自分をせめて見て欲しい…と

奉太郎の妄想のあの一言
もし本当に言ったとしても「ああ」はならなかったな
せいぜいはかなげに笑うくらい

もしくは怒ったかもしれない

だって「一緒に居て欲しい」じゃなかったもん「行間の意味」は

もしかしたら
「ここから助け出して欲しい」なのかもしれんが

なにせとっさに書いた半紙への一筆が
「米作りは土作り」だから

やっぱり「せめて今を見て欲しい」だろうな

あ…いかん
エロ妄想が

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

俺が治めるってのは…どうだ?

氷菓22話「遠回りする雛」

いや
感想でも…とか思ったけど

それより

なんか「今の俺」についてちょっと思ってみたり考えてみたり


幸せなんだよな俺、と

いや
「アニメが面白かったから」とかじゃない
むしろお話的にはきわめてふつー
「雰囲気造り」以外に特筆すべき事は無し

ちょっと
「自分」と
「周囲」と
「今かかわってる人たち」と

今居るこの「世界」について
「幸せな状態」なのだろうと判断

「お隣の大国」は盛り上がってますが
TVに流れる映像見る限りは心配なし
へらへら笑ってるもん奴等
却って実際に怪我したり殺されたりしてた奴等の先々代の世代に対して
シツレイだよ奴等自身が

まぁ「世界中が祭」なのかもしれないこの時代は

…なんか最初に書こうとした内容とかけ離れてしまった…よ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

なんとッ!法皇様が

…小坊主に見えるわ
う~ん、年輪の積み方がまだまだだな松田翔太

その反面清盛ケンイチは
なんか「そういう風」に見えちゃうから…凄いな

今日の清盛
う~ん重盛の描き方はこうか
やはり「清廉の人」で来るか
そして院近臣の藤原成親の義理の弟なので

んでもってその藤原成親吉沢悠が10月のカギ
ついでに西光もそうなんだけど
例の「鹿ヶ谷の陰謀」

あの後成親って結構ヒドい死に方するし

ここらへん超楽しみ
どういった演技を見せてくれるのか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

マーシャル・プラン

「マーシャル・プリンセス」ってヘンな言葉だよなぁ

というわけで戦コレ23話観た

まぁ最初の10分で想定したオチのとおりだったんだけど
…オレってまだいける…
とりあえず「現役アニメ脚本書き」程度の発想力はまだ維持してる…

…まぁこのへんは酔っ払いのたわごとなんですが

やっぱ「イエヤス」って俺的には…どうも
こいつが一番「戦国武将」って事に「意味が無い」よな

それより次回のマーシャルプランが気になるぞ
基本「ダメダメな人たち」のお話…って事で
新九出てくる…よな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

11人居るはともかく七色いんこは…

「氷菓」現在放映中まで追いつきました
製作レベルの高さはもう今更言う事でもない

「連峰は晴れているか」での「清盛」に関する件のアレ
アレ今年の「大河」について言ってる…よなぁ
う~ん「オレピンポイント」…いやまさか
でもそうとしか…

んで思えばやっぱりラッキーだったのが
最初に偶然TVつけて見たのが「心当たりのあるものは」の後半
だった事
「十文字」とか「氷菓」みたく続き物じゃなく
「特に良かった」回だった事
でもこの「心当たり」の奉太郎の推理(推論)って
他の回と比べるとものすごくいいかげんで強引
そりゃそうだ、「校内放送」だけなんだから、材料が
んでもってちたんだが
他の時と違って「揚げ足」とったり「補足」したりで
そりゃそうだ「ゲーム」なんだから…
と色々楽しめた

また
…まぁ「某無記名画像掲示板」からの情報だから信ずるに値しないが
「バレンタイン」の回の原作の方って
ちたんだはきっぱりあっさり「あげません」
そして天文部を恨んだまま終了
里志は最後の電話をせず…
だったそうで…
コレは「京兄」のフォローだったのか
だとすると成長したなぁ京兄の脚本

「鍵物」やってる時は「補足」部分だけが酷い出来で
「けいおん!」は第一部最終回前のウザい展開がイヤで
観るの止めたんだが…

今まで観た京兄の作品の中で一番好きだなコレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

恋のしゃがみバズーカ

Rg913 千葉テレビでやってた氷菓21話

色々な理由の上で観ました。MXより一週進んでるのね

んでもってまず当然開始五分後。ゲーセン
う~ん大型筐体。アレの方がスティックメンテがしやすいんだが
俺はVS筐体の方が好きだったな

んでもってやっぱり「バイパーⅡVSライデン」
「俺はコレしか使えん…」う~ん奉太郎だなぁ

でもプレイ内容は…まぁこれはしょがないんだけど…つかどうでもいいんだけど
エアポートで「VSバイパー」は当然キツいんだけど
ライデン的には「しゃがみバズーカ」で安定でいいんじゃね?
飛ばれたら当たらないけどそれ以外の事してたら最低相打ち
相打ちだったらライデンの勝ちだからなぁ…装甲値の差で
そしてたまに「何もせずに降りる」でおk
降りる→バイパーがお得意の「二択」が基本だから
(7WAY撃ってたらその前提は気にしなくていい)
ダッシュ→ジャンプキャンセルでいい。無傷で降りられる

基本飛んでる「だけ」のバイパーなら怖くもなんとも無い
歩きながら全弾かわすバイパーが本当の恐怖

とりあえず「ベルグドル」でエアポートVSバイパーより全然ラク
しゃがみグレネードはバイパーに歩いて(建物の上でも)かわされるからなぁ

でも真実は語る
無印バーチャロンって
「やってるやつの考えてる事」が判るゲームなんだ
その点理解がある
「原作」からそうだったのか「アニメオリジナル」なのかはわからんのだが

ロボットものなら白兵戦がロマン…なんじゃなくて
「無印」だからそーなのだ

う~ん…やっぱりまたやりたくなった!

う~ん…でも「氷菓」そのものの話じゃないなコレは…やっぱ
で…やっぱ「フクちゃん」は…深い

ただし
同じ事を言ってた男を…俺は一人知っている
それは今を去る事約三十年前
「鬼ごっこ」に勝ったくせに勝利を受け取らず逃げ回って

「今際の際に言ってやる」と最終回に宣った漢
諸星あたる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口煩く支えてくれ

今日の清盛
入道チェンジ。最終形態だよなぁ

今日は何か宗盛と頼盛が気になったな
宗盛は…滅ぼした張本人だけど「平家」を
平家物語じゃ「暗愚」に描かれてるけど
恣意的…だろうし

だけど宗盛って「貴人にしては気さくで」云々の記述があるし
なんか興味あるし

ところで北条政子

かわいい
今までそんな風に見えたことなかったけど
なんかよいな

そして「氷菓」
ちたんだがマイクに頭ゴン!
まで観ました

里志が思ったより「深い」キャラで。これまた良い
「奉太郎×里志」…大いにアリなネタだなぁとか

氷菓の評価が気になる今日この頃

もしかして「氷菓」って
「メンズ」向きではないかもしれん
女の子の方が好みそうな気がするなぁ
いや「女の子」つか「腐」か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

ヘンなお姉ちゃんがぁ~

戦コレ
え~と…23話?

いや。爽快な話だった。尼子経久

まぁお話的には典型。何のひねりも無し
なんだけど

「様式美」と言ってしまえば良いのか
見事にはまりまくってたな
あのオチ。最初の3分で読めたけど
逆に「ああ」じゃないと不満、つかおかしい。
だから満足です。

不満が一つあるとすると「幼稚園児」に見えなかったコトくらいか
キャラデザのせい

次回はまたイエヤスか
キャラ的にはどうにも…光秀の会の待子さんは良かったんだが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

素人め…間合いが遠いわ!

というわけで
「氷菓」ずっと観てます。でもまだ10話?くらい
昨日のはリアルタイム
来週もし「ツインスティック」描写出てきたら
俺的に「神アニメ」になっちゃうかも…

まぁ冷静に見て
良いですね「氷菓」
「戦コレ」みたく「突き抜けた傑作」は今のところ無いけど
平均して完成度が高い
まぁ「京兄」なら当然かもしれないけど
でも辛いよな京兄も
「そういう」氷菓のされ方されると

まぁどうでもいい事かな

ところで
今日次回冬向けクラナド本「クローサー・トゥー・ザ・ハート」
ネーム完成。39P。ほぼ予定通り
今日休みだったので昼寝から起きて夕方から
二時間で出来た

2004年から8年間ずっと考えていたプロットと描写だったので
当たり前かもしれないけど

やっぱ「同人」つか「素人」だから
この時間で出来たのかもな
「大人の都合」に左右されないから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

レディゴー

今氷菓リアルタイムで観てたんですけど…

一瞬だけ映ったビデオゲームが…

無印バーチャロン!エアポート
おそらくCPUモード

あぁ
最近氷菓最初から見直してるんだけど
違う意味で来週は注目せねば!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

今日の清盛

「平清盛」目線で展開される平家物語?
(昔やった大河の清盛もそうだったのかなぁ?)

やっぱり今年前半やってて不評だった
「やんちゃな清盛」とか「汚ったねぇ世界観」あたりが
今生きてるような気がするんですよね
キャラの「幅」とか「世界観の幅」とかが出てきてる

あとはやっぱ窪田正孝つか重盛
だいたいの「平家物」って重盛って「良識の人」ってかんじで良く描かれてる
(史実もそうらしいんだけど)けど

今回どう描くんだろうなぁ
演技の目線が鋭いから…「悪」っぽく見えるんだ

んでもってだいたいどんな「源氏物」でもあんまり変わらない描かれ方の
北条政子
これはいいよな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

私気になります

戦コレ22話

う~んどうにも正宗…というか小十郎の
モノスゲー衣装が気になって
まともには観れない
良くできていたんだが

一番高評価できるのが義光が出てきて
ものすげー子ども扱いされてるってコト
たしかに中学生はガキなんだが…
この点は「妄想力」のUPにも繋がるなぁ

景子が「マジ泣き」してた理由って…
多分「正宗に棄てられた」という事が判ってたからだろうなぁ

だからあの時の小十郎とのツーショットでは
日暮に邪魔されなかったら修羅場ってたのかも
それにしても「戦国武将対策室」ってのも気になる
世界観が広がっちゃうぞ

それにしても

今日改めて「氷菓」の一話観た
やっぱ…

「第一話」はムチャクチャ凄いんだ京アニは

| | コメント (0) | トラックバック (9)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »