« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

絶対大盛で喰おう

Rg957 というわけで

こみ1より帰還いたしました
昨日深夜検証(シゴト)であんま寝てなかったし
明日もフル仕事なので早めに撤収

9年間続けてた「Love~」最終巻でした
ご愛顧まことにありがとうございました

んでもって
何人かにはお話したんですけど
じつは「今後」についてはまったく白紙
どうしようかねぇ
でもどっちに転んでも「エロ系」な気がする

帰りに
最近発見して「お気に入り」になった
地元駅前の「鶏濃厚細麺」系のラーメン屋
そこに行って
あおさトッピングで替え玉して喰おう!
と妄想しつつ…行ったら
時間早すぎで「昼休み」だった…

一回帰宅して洗濯してからもう一回行きました

ところで
こみ1で友人の人と話しをしていて
ちょっと盛り上がって
観たくなって

観ました「宇宙戦艦ヤマト2199」
あぁ、いいですねコレ
加藤ムチャクチャカッコイイじゃねえかよ
とか

流石21世紀になってからの「アニメリメイク」
それが良い様に噛み合ってるみたい

2話まで観ました
ちょっと惜しかったのが
冥王星海戦での(つか全てにおいての)
地球側がガミラスに圧倒的に劣ってるのって

「外宇宙航海能力」の有無と
「艦砲」(しかもブラスターのみ)の能力

この二点だけっぽいコト
まぁもしかしたら「大質量艦艇」の「装甲もしくはバリアー」の
有無なのかもしれませんが
もしかしたら「射程」だけなのかも…とかも

有質量弾(ゆきかぜの放った魚雷)なんかは有効弾になってるからね
こういった点って別に解説しなくても「ちょっとした台詞の一文字の工夫」で
表現できるからねぇ

そういった点では「トミノ御大」に敵う脚本家は未だに現れてませんよ

今ヤマト2199の手持ち10話まで
GWの数少ない貴重な休みの間に見よう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

子供の頃夢見た事

Rg956 もうすぐです

もうすぐ「翼をください」出ます。
数えてみたら…9年

無印「Love~」出したのが20040620でした

「最期」のテーマ曲
「翼をください」

色々なバージョンありますが
今回のはこれです

http://www.youtube.com/watch?v=tit8OAAdPmM

川村かおりさんVer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

日出処の天子

Rg955 タイトルの「厩戸と毛人の想像やおい」を思い出した
今日の「八重の桜」の孝明天皇と容保との会見シーン
いいシーンだったなぁ

ていうか今年の大河、最初あんま興味なかったんだけど
観出したきっかけが市川染五郎の孝明天皇なんですよ

あぁ…今回崩御…

ところで
らんちう稚魚たちは順調に育ってきてます
もう目を凝らさなくても見えるくらいおっきくなってきた

でも今回比較的畸形が多い気もする
二匹ほど…まったく魚の形してないのが…まだ動いてる
でも「プラナリア」かもしれん
何せ「成魚」の居る水槽ならその手の蟲の類は全部喰われるけど
稚魚水槽じゃわからんからなぁ

しかも細かい事気にしてるゆとりも無いのもまた事実
めんどくさいんで数えてないけど
稚魚総勢…50は居るぞ…どうすんだよこれ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

その後のらんちう稚魚2

Rg954 今日計画実施

マルフォ~L型のプラケース、水半量抜いてマルフォ~水槽と
水合わせ

空いた貞治水槽の上の場所にスノコ置いて
7ℓと2ℓのちっちゃいプラケース
そこに今回産まれたらんちう稚魚移す
最初カップで掬ってたけど…キリが無かったので
最終的にはバケツ水ごと移す
同時に1/2ほどの水換え
26℃定温飼育環境に
それぞれのプラケにスポンジろ過機設置
まぁ殆ど役には立たないですがね

これで「観察&環境」整備できた

それにしても…いっぱいいる
数え切れない…20数えた時点で止めた
すごい量の稚魚

一昨年デメコたちの時は本当に孵化した数少なくて
けっこうな生存率だったんだけど
今回は…「らんちう」だし…どうなるか?

今回最終的にバケツ水ぜんぶぶち込んだから
結構ゴミ的なものも入っちゃってて
稚魚たち全員「底をついばむ」行為
う~んそうか…

でも「えさ」が何なのかは把握しての行動と取れるので
まずは一安心
でも「ぴかりパピィ」の過剰投入は続けます
過剰水換えと同時の

マルフォ~水槽に移したマルフォ~L型
相変わらずひっくり返ったまんま
これは仕方ないな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

その後のらんちう稚魚

Rg953 しっぽか開いてきた

横に
あぁ…だんだん「らんちう」っぽくなって行くね…

昨日「半分水換え」しました
なんせ「ひかりパピィ」の投入量がはんぱないんで…

「ぽたーじゅすーぷ」みたいなイメージです

明日稚魚移動
二つのプラケースへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

ひかりパピィ

Rg952 今日の「八重の桜」

坂本の扱いが…背中だけw
まぁ坂本の「やれた事」ってあんな程度といえば程度
今回岩倉が小堺というのもなんかおもしろい
前回「篤姫」の時は確か鶴太郎だったけど

ところでマルフォ~たちの「らんちう稚魚」
その後どんどん孵化してきて今10匹以上
当然「死んでるやつ」もかなり居る
やっぱらんちうは弱いな…
もう泳ぎ出してるので、「ひかりパピィ」を多めに与えてる
まだブクブクだけ、ろ過機はつけてない

今回ちゃんと受精してるか自信が無かったので
バケツに入れてあるから…観察しづらい
水曜日にプラケースに移す予定
孵化した全員ちゃんと泳げるようになるまで待ってから

そこで問題になるのがマルフォ~L型
泳げなくなって隔離しているアイツ

…そこのスペースにらんちう稚魚のプラケ置きたいから
水槽復帰させるしかないな…
幸いなのかどうなのか「泳げない」一点以外は
獰猛なくらい元気だからな
この作業の実行も水曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

いやあぁぁあ魚の仔産んじゃう!

Rg951 「ぴく」の方ではこんなのばっかですが…

火曜日採集したマルフォ~水槽の卵
孵りました!やたっ!
高級魚「らんちう」の仔!

まだ2~3mmくらいの「産毛」みたいな稚魚が15ℓバケツの壁面に
確認できたのは5匹ほど
まだ殆ど動きませんが
週明けには泳ぎ出す事でしょう

去年もやった基本確認
①なるべく小さな環境で目の前に常に「えさ」がある状態を作る
②水換えは超マメに。やりすぎるくらい
③スポンジろ材はろ過のためではなく「えさが常にある所」

ホームセンターで「ひかりパピィ」買ってこないと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

今私の願い事が叶うのなら

Tk こみ1向けクラナド本最終回「翼をください」

表紙完成&FTP入稿まで全て完了いたしました。
今日がんばった!
「あまりにも」な日常シゴト
&…さいきん「ぴくしぶ」の方に週二回えろいの上げてるし…ゴメンナサイ
そっちはもう「生活リズム」に入っちゃったので
むしろ「描かない」とキモチ悪いんですよ。

言い忘れそうだからここで書いとく事
今回風子あえて「ナマ脚」ストッキング描きませんでした
そうした方が「カッコイイ」ていうか「大人っぽい」と思い
そういう演出…という事で

あと
今回のテーマソング

http://www.youtube.com/watch?v=tit8OAAdPmM

川村かおりさんVerです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

でかしたッ!

最近シトゴはけっこうシャレにならんコトになってて
今日も午前様ギリギリ(通勤1時間以上かかるなら完全午前様)で
帰宅して
いつものように「水槽チェック」したら…

マルフォ~水槽に卵
やったな!

でもほんのちょびっと
…喰われたか

今日の朝遅めに起きちゃったんでエサ抜きだったからなぁ…
でも「それ」がトリガー…の可能性もある

大急ぎで水作って多少卵の残ってた
水草(イミテーション)と外掛けろ過機の物理フィルターと
「もし産卵した場合」にと…数ヶ月前から取り付けていた
メキシカンハット(型の糸ミミズ入れ…使ってない)を
水作ったバケツに移す
こういう「緊急事態」には「ハイポ」じゃダメだね
いつもは「ハイポ」使ってカルキ抜くんだけど
今日はコントラコロライン。即効カルキ抜き

…でも
飼育水が殆ど汚れてなかったから…射精は無かったかも
だったら「空振り」なんだが…
来週にはわかる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

良く言えば自然のまま悪く言えば放置

待ちわびているマルフォ~水槽ではなく
デメコ水槽で産卵
去年に引き続きまた犯りやがったかデメコa

でもあんま水白濁してないし…空振り?

一生懸命自分が産んだ卵を喰うデメコb
卵はどんどんカビてくし…
でもここで

あえて「卵回収」止めようかな?とか

当然水換えはしますけど…
ちょっと「どうなるのか?」楽しみだったりもする

ところでこみ1は取れてました
に11b
堂々島中
その新刊クラナド本最終回「翼を下さい」
仕上げ祭り開始です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »